このページの本文へ

Sapphire「SAPPHIRE HD5870 2G GDDR5 PCI-E HEXAD MINI DP」

6画面出力のハイエンドVGA「5870 Eyefinity 6」がデビュー

2010年03月31日 22時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1枚で最大6画面出力が可能となる「ATI Radeon HD 5870 Eyefinity 6 Edition」仕様のビデオカード「SAPPHIRE HD5870 2G GDDR5 PCI-E HEXAD MINI DP」がSapphireから発売となった。

「SAPPHIRE HD5870 2G GDDR5 PCI-E HEXAD MINI DP」
1枚で最大6画面出力が可能となる「ATI Radeon HD 5870 Eyefinity 6 Edition」仕様のビデオカード「SAPPHIRE HD5870 2G GDDR5 PCI-E HEXAD MINI DP」がSapphireから発売

 「ATI Radeon HD 5870 Eyefinity 6 Edition」は、本日13時01分にAMDから正式発表となった新型ビデオカード。GPUに既存の「Radeon HD 5870」を搭載しつつも、出力インターフェイスがMini DisplayPort×6仕様となる製品で、条件と使用環境さえ揃えば最大6画面出力が可能となる。
 基本的なスペックは既存の「Radeon HD 5870」と同じ。製造プロセス40nm、ストリーミングプロセッサ数1600基、テクスチャユニット数80基、ROPユニット数32基、コアクロック850MHz、メモリクロック4.8GHz相当(メモリインターフェイス256bit)、対応メモリGDDR5というもの。違いとしては前述のMini DisplayPort×6仕様となる出力インターフェイスと、搭載メモリがGDDR5 1GB→GDDR5 2GBとなる点、そして補助電源コネクタが「6ピン×2」→「6ピン+8ピン」仕様に変更されたところだ。

出力インターフェイス
GPUに既存の「Radeon HD 5870」を搭載しつつも、出力インターフェイスがMini DisplayPort×6仕様となる製品で、条件と使用環境さえ揃えば最大6画面出力が可能に
組み合わせ
6画面出力の際の組み合わせはご覧の通り。用環境をよく考えてから購入したい

 注目の6画面出力だが、対応OSはWindows 7もしくはVistaが条件。また6画面出力の際の組み合わせについては写真の通りとなる。最低でも4台のDisplayPort搭載モニターを用意する、または付属のケーブルで足りない分を別売りのMini DisplayPort-DualLink DVI変換ケーブルで補うという方法が考えられる。いずれにせよ、使用環境をよく考えてから購入したい。
 なお、付属品はケーブル類はMini DisplayPort-DisplayPortが2本、Mini DisplayPort-SingleDVIが2本、Mini DisplayPort-HDMIが1本、電源変換ケーブル×2、CrossFire用ブリッジケーブルが1本となっている。価格および販売ショップは以下の通りだ。

補助電源
補助電源コネクタが「6ピン×2」→「6ピン+8ピン」仕様に変更。ちなみにVGAドライバ「ATI Catalyst 10.3」ではモニターの縁を考慮した機能「Bezel Correction」機能をサポートし、よりゲームに適した表示が可能だ
価格ショップ
「SAPPHIRE HD5870 2G GDDR5 PCI-E HEXAD MINI DP」
¥67,192T-ZONE.PC DIY SHOP
¥69,000ドスパラ秋葉原本店
¥69,780アーク
¥69,800TSUKUMO eX.

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中