このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

古田雄介の“顔の見えるインターネット” ― 第68回

中学生iPhoneアプリ開発者・Tehu氏の夢

2010年03月22日 12時00分更新

文● 古田雄介

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

健康計算機

 健康計算機 3.0

 作者: iTehu Dev team
 価格:無料


 身長や体重などを情報を入力すると、BMIや理想体重などを算出してくれるiPhoneアプリ「健康計算機」(関連記事iTunes Storeで見る)。

 iTunes App Storeの無料メディカルカテゴリで半年近く1位となっており、世界総合ランキングでもセカイカメラなどを抜いて最高3位にランクインするほどの人気を誇っている。2009年10月に公開してから半年足らずで20万ダウンロードを達成しており、現在もその数は毎日数千ペースで加算されている。

Tehu氏の代表作アプリ「健康計算機」。分かりやすいインターフェイスで、世界中のiPhoneユーザーの健康管理に役立っている。特にアメリカでのダウンロードが多いそうだ

 このアプリを開発したのは、兵庫県に住むTehu氏だ。なんと13歳の頃からプログラミングを始め、1年も経たないうちに世界的なヒット作を世に送り出した。普段は普通の中学生として、勉強にも部活にも精を出す日々を送っている。

 4歳の頃からネットと親しんできたというTehu氏は、いったいどんな感覚でリアル社会とネット社会をとらえているのか? そして、世界中で支持されるアプリを開発した着眼点はどこからわいているのか。顔の見えるインターネット 第68回は、そんなTehu氏の日常に迫った。

本家iTehu

 2009年7月からスタートしたTehu氏公式サイト。アプリのリリース情報から、日々のつぶやき、アプリのアイデア募集など、様々なコンテンツをまとめている。サイト運営自体のキャリアは長く、「テフテフのアップル戯れ珍道中」が前身となる。

URL:http://tehutehu-apple.com/

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART