このページの本文へ

日本通信、データ通信用SIMを単体発売 あれにも使える?

2010年03月17日 18時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 プリペイド型データ通信サービス「Doccica(ドッチーカ)」などで知られる日本通信が、SIMフリー端末向けのSIMカード「通信電池 b-mobileSIM」を4月5日に発売する。

Nexus One現時点では日本では入手できないNexus One。日本でもSIMフリーの端末が入手しやすくなる?

 b-mobileSIMはNTTドコモのFOMA網を用いたデータ通信を時間無制限で利用できる。注目は価格で、1年間の利用権付きのパッケージで2万9800円、同じく1ヵ月で2980円。NTTドコモが提供するデータ通信サービスは2年契約を前提とした割引を適用した場合でも5985円(別途プロバイダ料金も必要)、価格差は小さくない。

 ベストエフォートで上下300kbps超という表現がなされている速度面がまずは気になるポイントだが、グーグルの「Nexus One」など、SIMロックが施されていない端末の日本上陸も期待されている状況での安価なデータ通信用SIMカードの提供は、スマートフォンのファンなどには注目の存在と言えるだろう。

 ASCII.jp編集部では実際の製品を入手出来次第、速度面を含めたテストを行なう予定だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ