このページの本文へ

「ミクの日感謝祭~39's Giving Day~」に行ってきた

中学生アイドルと初音ミクの「共演」に観客が熱狂!

2010年03月13日 12時00分更新

文● 全農連P

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「初音ミク」と「巡音ルカ」がステージ狭しと絡んで踊る

 メドレーが終わると、初音ミクからバトンタッチし、ピンク色の髪をなびかせて別のボーカロイド「巡音ルカ」が登場。ミクとは一味違うしっとりとした歌声に加え、妖しくあでやかなダンスが魅力だ。

 踊るのはアゴアニキさん(関連記事)の人気曲「ダブルラリアット」。半径5200センチ(?)のライブスペースを縦横無尽に回り、観客もサイリウムも回る。アゴアニキさん本人もキーボードで参加した。続いて流れてきたのはDixieさん(関連記事)の「Just Be Friends」だ。

サイリウムの色も一気にピンクに変わった。観客、歪みねぇな

 ここでDJブースに、パーカーのフードをおろしたメガネの男性があらわれる。ボーカロイドPに明るい人なら、「もしかしてkzさんでは?」と思うはず。筆者も思った。だが実はこれ、同じボーカロイドPのbakerさんによる「kzさんのコスプレ」。紛らわしすぎだろう。

 暗転して波音のサウンドが流れ、ピアノの旋律が続く。多数の派生作品を生むこととなった、ミクとルカのデュエット曲「magnet」だ。ステージ上では、ミクとルカが濃厚に絡みあう。今回ヨコに広くなったパネルはこのパフォーマンスのためではないだろうか?

中には「ねぎトロ!」とニコニコ用語を叫ぶ観客も。「自重」と言いたくなる

 ルカのパートはここで終了。今度は白いドレスに身を包んだ初音ミクが登場し、曲は古川Pさん(関連記事)の「Alice」、そのまま「あなたの歌姫」に続く。本当に俺の歌姫だ。結婚してくれ。つづいて衣装をチェンジして今度は「moon」だ。

 実はこの2曲、いずれも「DIVA」の収録曲。続いて同じく「初音ミクの消失」が披露された。ゲームではPVがなくイラストだけだっただけに、ファンにとってはたまらないものがあるだろう。

一瞬でそれまでのドレスから露出度高めの衣装に替わる。アニメ「マクロスF」のコンサートシーンが頭に浮かんだ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART