このページの本文へ

「ミクの日感謝祭~39's Giving Day~」に行ってきた

中学生アイドルと初音ミクの「共演」に観客が熱狂!

2010年03月13日 12時00分更新

文● 全農連P

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

踊ってみたユニット、中学生アイドルがまさかの「次元融合」

 熱狂冷めやらぬ中、次に登場したのはニコ動で有名なダンスユニット「DANCEROID」(ダンスロイド)。メンバーはミンカ・リー、いとくとら、そして愛川こずえの3人。今までミクに熱狂していた観客たちも「うおおおおー!」と野太い声援を飛ばした。

 最初に踊ってみせたのは「教えて 魔法のLyric」。踊るのは三次元の人間でも、歌うのは二次元のボーカロイドという「次元融合」的なパフォーマンスだ。2曲目は「ルカルカ★ナイトフィーバー」。躍動感ある振り付けに、観客たちは「ハイハイハイ!」とこたえていた。

さっきまで「二次元の嫁」に夢中だったのに、すぐに「三次元」に夢中になる、見境のない観客たち(筆者含む)。いや、かわいいんだから「仕方ないね」

 2曲が終わり、次に登場したのはまたもや女の子の3人組。今度は小倉唯と石原夏織のユニット「ゆいかおり」に能登有沙を加えた特別編成のユニットだ。小倉唯といえばこちらの動画が話題になったように、DIVAのモーションを担当したことでも知られている。

 先ほどミクが歌った「Dear cocoa girls」を、今度はこの3人が歌う。それがなんとも新鮮な体験に感じられる。そして可愛い。ペロペロしたい。続けて「みっくみくにしてあげる♪」でダンスを披露。これは先ほどの動画を知ってる人なら垂涎ものだろう。

「ゆいにゃーん!」といった野太い声援が飛ぶ。ここがZepp Tokyoであることを忘れそうになる

 3人が退場してしまうと、今度はふたたびミクにバトンタッチ。曲は最近多くのMAD動画の派生でも有名な、wowakaさん(関連記事)の「裏表ラバーズ」だ。生音で入った太めのギターのサウンドが効いて、普通のロックナンバーに聞こえる。

 ドラムソロが入り、ミクによるバンドメンバーの紹介。ギターから順番に紹介していくのだが、おそろしいほどその流れがライブとして「自然」だ。一人一人紹介していき、最後に「ボーカル、初音ミク!」で大きな歓声があがった。

 ここからまた怒濤のメドレーとなり、「パズル」「Voice」「1/6」と続いていく。すさまじい疾走感。ここまでの1時間、ほぼMCなしでぶっつづけだ。疲れ知らずのミクに対抗するように、観客のボルテージも底抜けに上がっていく。

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART