このページの本文へ

「ミクの日感謝祭~39's Giving Day~」に行ってきた

中学生アイドルと初音ミクの「共演」に観客が熱狂!

2010年03月13日 12時00分更新

文● 全農連P

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

初音ミクが水着姿で歌い、次から次に衣装を替える

 それにしてもミクがステージ上を縦横無尽に動きまわる姿は、もはや普通に「人間」がやっているライブに来たような錯覚すらおぼえるから不思議だ。ミク自身が「やっほー!」と呼びかければ、観客がそれにこたえる。

 そんなコール&レスポンスを3回ほど繰り返したところで、画面には「水着姿」になったミクが登場。曲は「Dear cocoa girls」。DIVAの中でもPVに水着姿でボカロが登場する曲であり、それをイメージしたものだ。

シマ柄のビーチボールが割れ、中から水着姿の初音ミクが登場する。まったくけしからん!

 そのまま「StargazeR」を歌い終えたところで、ミクが「こんにちは、初音ミクです」と頭を下げて挨拶すると観客から歓声が上がった。こういったモーションのリアルさがすさまじい。本当に生きた人間のようだ。

 そこから怒濤のメドレーに入る。「ミラクルペイント」「Innocence」「ハト」「みくみく菌にご注意♪」「ぽっぴっぽー」「サヨナラグッバイ」と6曲をつなぎ、ふたたび「ミラクルペイント」に。ここでボーカロイドPのOSTER projectさん(関連記事)もキーボードで登場した。

メドレーでは曲に合わせ、矢継ぎ早に「衣装替え」をこなした

 一連のメドレーが終わると暗転し、ミクの声で「セーガー」というジングルとともに「DIVA」の起動音が流れる。「誰だよPSPで遊んでるやつは!」とツッコミそうになるが、次の曲「ロミオとシンデレラ」が流れて思わず納得する。

 これは7月29日に発売が決定したシリーズ第2弾「初音ミク -Project DIVA-2nd」の収録予定曲だ。周知の事実なのだろう、客席のボルテージが一気に上がる。続く曲は「Dear」。ニコニコ動画で「19氏」としても知られる19’s Sound Factoryさんがギターとして登場し、ギターソロを披露すると観客からは大きな拍手が上がった。

会場の入り口には試遊台も設置されていた

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART