このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

専用アプリや連携サービスでパワーアップ!

TwitterもEvernoteも「Xperia」で一段上の活用!!

2010年03月26日 11時00分更新

文● ASCII.jp編集部 写真●小林 伸

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
ソーシャルメディアと人との関係を追究している松村太郎さん。新しい携帯端末にも常に興味津々だ

 「TwitterTM」や「mixiTM」といったソーシャルネットワーキングサービス(SNS)との連携を始めとして、新しいコミュニケーションの形を提供する注目のドコモ スマートフォン「XperiaTM」。

 今回はTwitter上で20万を超えるフォロワーを持つなど、インターネット上で積極的に活動する一方、ASCII.jpで人とモバイル端末との新しい関係を探る連載記事を執筆、さらに嘉悦大学などで教鞭をとる松村太郎さんとともに、実際に端末を操作しながらXperiaの活用法を探ってみた。

TimescapeTMはソーシャルメディア間の壁を壊してくれる存在

 XperiaのTimescape上では、Twitterやmixi、メール、写真などのデータをジャンルを横断して管理でき、またそのすべてが電話帳に登録した知人にひもづけられる。「さまざまなソーシャルメディアをまたいだコミュニケーションがとれる点がとにかく新鮮」というのが松村さんの見方だ。

 従来のソーシャルメディアでは、サービス単位でユーザーが分けられてしまうのが当たり前だった。たとえばTwitter上ではTwitterを使っているユーザーとしか交流を持てない。違うサービス上の知り合いとコミュニケーションをとるには、改めてブラウザでそのサイトを開くなり、別のアプリを起動するといった手間が必要となる。そのような壁がTimescapeでは無くなるのだ。

Timescape上ではソーシャルメディアやデータのジャンルをまたいでまとめて履歴を表示してくれる。また電話帳から、その人物のTwitterのつぶやきやメールを表示できる。「電話帳を再発明した」という表現すら可能だ

 Timescapeを使えば、これまで以上の深いコミュニケーションも期待できる。TwitterやmixiなどSNSでの書き込みを見て、知人の現在の状況を確認し、SNS上で反応するのももちろん、電話やメールなどそのときに最適な手段を選択して連絡がとれる。しかも、その操作はすべてシームレスだ。また、電話帳からはその知人といつどのように連絡をとり合ったかの履歴も見られる。

 松村さんは、そんなTimescapeを一般のユーザーはもちろん、現在ソーシャルメディアを提供している企業側にもぜひ一度使ってみて、新しいサービスのアイデアにつなげてほしいと語る。

 ではここで、松村さんもオススメのXperiaの使い方について、動画で見ていこう。

前へ 1 2 3 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中