このページの本文へ

Crucial「RealSSD C300」シリーズ

読込355MB/s! 初のSATA3.0(6Gb/s)対応SSDが販売開始

2010年03月04日 21時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Micronが展開するコンシューマ向けブランドCrucialからSATA3.0(6Gb/s)インターフェイスに対応する初のSSD「RealSSD C300」シリーズが発売となった。

「RealSSD C300」
Micronが展開するコンシューマ向けブランドCrucialからSATA3.0(6Gb/s)インターフェイスに対応する初のSSD「RealSSD C300」シリーズが発売。アイティシー取り扱いの製品となる

 「RealSSD C300」シリーズは、初のSATA3.0(6Gb/s)インターフェイスに対応する2.5インチサイズのSSD。容量128GBの「CTFDDAC128MAG-1G1」と同256GBの「CTFDDAC256MAG-1G1」をラインナップする。
 採用コントローラーはこちらも初登場となるMarvell製。最大転送速度は読込355MB/s、書込215MB/s(「CTFDDAC128MAG-1G1」は140MB/s)と従来の限界点であった読込300MB/sを超える速度というのは大きなトピックといえる。価格および販売ショップは以下の通りだ。

スペック
最大転送速度は読込355MB/s、書込215MB/s(「CTFDDAC128MAG-1G1」は140MB/s)と従来の限界点であった読込300MB/sを超える
価格ショップ
「CTFDDAC128MAG-1G1」
¥41,980パソコンハウス東映
¥42,800アーク
¥49,800オリオスペック
T-ZONE.PC DIY SHOP(5日から販売)
「CTFDDAC256MAG-1G1」
¥69,800アーク
¥79,800オリオスペック
T-ZONE.PC DIY SHOP(5日から販売)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中