このページの本文へ

「くしゃくしゃ、ぽいっ」にハマるゲーム・Paper Toss

2010年03月04日 17時30分更新

文● 倉西誠一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Paper Toss

 Paper Toss 1.3.1

 作者:Backflip Studios
 価格:無料


 iPhoneには、独特な操作がいくつかありますが、フリックもその1つです。指をしゅっとやって、上下左右に何かを動かしたりする操作です。ホーム画面も左右にフリックして切り替えますね。そして、これが実に気持ちよく、気持ちがいい操作は、そのままゲームになったりするわけです。

 この「Paper Toss」は、いわばそのフリック操作に特化したようなゲームです(iTunes Storeで見る)。くしゃくしゃと丸められた紙をゴミ箱にボイする。これだけです。

Paper Toss Paper Toss

 ただ、なぜか左右どちらかに扇風機が置いてありますから、その風を計算しなければいけません。そこだけがゲーム性であるとも言えるのですが、楽しい(笑)。ハマる、あるいは病みつきになる。どちらか、お好きな方の表現をどうぞというくらいです。


Paper Toss Paper Toss Paper Toss
ステージは5つ。EASY→MEDIUM→HARDで、ゴミ箱までの距離が伸びていきます。HARDは、かなりしんどいです
Paper Toss Paper Toss
AIRPORT、BASEMENTというステージもあり、背景が変わります。でも、やっぱり扇風機が置いてあって、やることは同じです。フリックです

 というわけで! ゲームライター歴20年のキャリアを大爆発させた攻略写真をお届けします! 風の強さがそれぞれこれくらいの場合、だいたいこのへんを狙っていただければという目安です。御参考までにどうぞ……というか、こんなものが攻略か? という気もしますし、「だいたい」ってなんだよ? 感がありますが、フリックです。

Paper Toss Paper Toss Paper Toss
Paper Toss Paper Toss Paper Toss

 結論としては、よく聞かれるあれですが「無人島に持っていく!」。そんなタイプのiPhoneアプリです。


筆者紹介──倉西誠一


石川県金沢市出身の元・電撃PlayStation編集長。著書は「モンスターハンター」シリーズのプレイログである「狩られ道」「狩られ道豪黒毛」(いずれもアスキー・メディアワークス)だが、最近はすっかりiPhoneゲーマー。Twitterアカウントはkararemichi



■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中