このページの本文へ

メガCDっぽい実写取り込みアクション!! 「BANK RUN」

2010年03月01日 20時00分更新

文● 倉西誠一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Bank Run

 Bank Run 1.2

 作者:SilkTricky
 価格:230円


 まずは、下の画面写真をどうぞ。

Bank Run 1.2 Bank Run 1.2
Bank Run 1.2 Bank Run 1.2

 これはiPhone/iPod touch向けアクションゲーム「BANK RUN」のオープニングムービーです(iTunes Storeで見る)。全編英語なのでよくは分かりませんが、なんか犯罪的なにおいがしまくりますね。ガールフレンドが誘拐されたってところだけは、なぜか聞き取れました。

 そして、このゲームの主人公、敵キャラクターはすべて、実写取り込みです。昔なつかしい実写取り込みです。「モータルコンバット」を思い出させられます。

 メガCDで出てたんじゃないか? このゲーム……とか思ったりもしましたが、キャラクターのファッション、ムービーのセンス、そして画面のキレイさは、どうひいき目にみてもメガCDより上です。オールドSEGAファンとしては、くやしいくらいです。

 熱いストーリーに従って展開するゲームは2種類です。まずストリートモードでは、前後から襲い来る敵を撃退します。攻撃方法は2種類で、遠くの敵は銃で撃ち、近くの敵は殴ります。一発で死なない敵がいるのがなぜかなのかは分かりませんでしたが、何の疑問を持つ必要もなく、進められます。

Bank Run 1.2 Bank Run 1.2
遠くの敵は銃で撃って、近くの敵は素手で殴る
Bank Run 1.2 銃のリロードにはけっこう時間がかかるので、ちゃんとタイミングを見て、余裕のあるうちに済ませておきましょう
Bank Run 1.2 また、前の敵を殴ったのに、背後の敵も殴れてしまう当たり判定も、昔ながらの実写取り込みアクションらしいところです
Bank Run 1.2 Bank Run 1.2
また、ステージ間にはムービーシーンも待っています。けっこう長いです。そして、アツイ……感じがします
Bank Run 1.2 ムービーは最初っからすべて見ることができるので「続きを見よう!」というような、プレイの動機にはならないんですけどね(笑)

 もう1つはエレベーターモード。主人公をホールドし続けるとエレベーターの扉から身を乗り出し、攻撃可能になり、指を離すと隠れます。敵の頭上に表示されるゲージが白→オレンジ→赤→バーン! となるので、ぶっちゃけ、覚えてしまえば簡単です。攻撃は別な指で照準をスライドさせ、狙いを定めたらタップです。

Bank Run 1.2 Bank Run 1.2
身を隠しながら敵を倒せ!

 以上終了! というゲーム性ではありますが、昔なつかしいメガCDの実写取り込みアクションゲームを現在でも楽しみたければ、正直、これしか選択肢はないと言っても過言ではないでしょう。

 ……って、そんな理由で「BANK RUN」に興味を持ち、プレイする人がどれくらいいるのかさっぱり分かりませんが、万が一、そういう方がいらっしゃったら、「我が友よ!」とばかりに握手してハグしておすすめします。

Bank Run 1.2 Bank Run 1.2
あ、もちろん! 劇中で使われているケータイはiPhoneです。ケータイ好きな捜査官といえばジャックですが、彼はiPhoneなんでしたっけ?

筆者紹介──倉西誠一


石川県金沢市出身の元・電撃PlayStation編集長。著書は「モンスターハンター」シリーズのプレイログである「狩られ道」「狩られ道豪黒毛」(いずれもアスキー・メディアワークス)だが、最近はすっかりiPhoneゲーマー。Twitterアカウントはkararemichi



■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中