このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

新生活に選ぶこの製品、このサービス ― 第1回

BIGLOBEモバイルサービスナビで手に入れる

こうすれば得になる、データ通信環境の選び方

2010年03月15日 09時00分更新

文● 秋山文野、写真●小林 伸

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
いつでもどこでもシームレスにインターネット接続したい。でもモバイルサービスをひとつひとつ検討するのは大変……ISPからサービスを選択すれば、ワンストップで利用シーンに合わせた接続サービス選びができる

どんな回線を選べばいいのか……?
そんな不満を解消します

 出張に、就職活動に、モバイル機器を持って歩くことが習慣化している人も多いはず。どこでもインターネットにつながるということは、大きな武器になる。ビジネスであれば、訪問前の情報収集やメールでの連絡、空き時間を有効活用した文書編集。就職活動中の学生であれば、この機会に情報収集や企業へのエントリー用にモバイル回線を入手してみる手がある。

利用シーンはオフィスか移動中か、公共の場所か、または海外か。最適の接続サービスはそれぞれ異なるのだ

 しかし、「日本全国どこでも使いたい」「駅や空港などよく利用する交通網に合わせて使いたい」など利用するエリアや交通手段、ポイントに合わせてモバイル通信機器を選び、それぞれのサービスを個別に契約、ISPはその通信機器に対応しているプランを持った中からさらに選んで……。

 と、さまざまなサービス、プランを選択しなくてはならないのはなかなか面倒ではないだろうか。

 そんなときは、発想を逆転してみよう。ISPを決め打ちで選んでおいて、そこが対応しているモバイル通信サービスの中から、移動するエリアやポイントに合わせたモバイル通信機器を選ぶのだ。

 もちろんその場合、ワンストップで様々な接続方法が手に入り、用途に合わせた接続手段がすぐに見つかるISPをまず選んでおく必要がある。

 BIGLOBEのモバイル接続サービスは、まさにこのワンストップサービスを実現している。MVNOとして、高速モバイル接続や公衆無線LANなど国内から海外まで使える様々なサービスを豊富に取りそろえているのだ。

 また、BIGLOBEのサービスは定額制を導入。上限金額が決まっているので安心して使いたいだけ使えるのも利点。

 いくつものモバイル通信サービスを複合的に使うと、請求金額の全体像が把握しにくくなって困ることがある。サービスごとにサイトに何回もログインして、月ごとの利用額をすべて足し合わせ……なんていうのも面倒だが、そんな手間も省ける。

品揃え豊富、迷ったらまずはBIGLOBEに

BIGLOBEモバイルサービスナビ

 様々な接続形態がひとつのアカウントで利用できる点はMVNOを利用する利点と言える。同社のサイト「BIGLOBEモバイルサービスナビ」では用途に沿った適切な接続サービスが選択できる案内を提供している。最終ページのコラムも参照してほしい。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ