このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

日常生活に馴染むデスクトップオーディオ

ヤマハ「TSX-70」と一緒に暮らしてみた!

2010年03月04日 18時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

自宅でもiPodをもう一度考えてみる

こんなにコンパクトしかも高音質! 今回はヤマハの「TSX-70」と一緒に暮らしてみる企画

 iPodの一般的な使い方はヘッドホンと組み合わせて屋外で音楽を楽しむこと。しかしその後iPodを直接ドッキングできる“iPod用スピーカー”なるアイテムが続々と登場。かつてはミニコンポなどの役割だった室内でのリスニング機器としても使われるようになっている。

 考えてみれば、外出時はひんぱんに持ち歩くiPodも、自宅に帰れば充電かiTunesの同期のためにPCと接続されているだけ。手軽に使えるコンパクトなスピーカーシステムにiPodをドッキングさせてしまえば、それだけでちょっとしたオーディオシステムになってしまうのだから、合理的な活用スタイルと言える。

 筆者も一応AVライターを名乗っているので、自宅にはAVシステムがあり、音楽/映像ソフトの鑑賞は基本的にはそれで楽しんでいる。iPodは完全に屋外用で、ノイズキャンセル型ヘッドホンと組み合わせて使うことが多かった。

自宅で使っているAVシステム。自慢するほど高価なモデルを使っているわけではないのでお恥ずかしい限り。システム的にはサブウーファーを2台使用した7.2ch構成

 ただ、いつもいつも眉間に皺を寄せて音楽と向き合っているわけではないし、部屋を真っ暗にして映画に没入しているわけでもない。深夜には酒を飲みつつ、テレビ放送を流しっぱなしにして、本を読むこともある。省エネが叫ばれる昨今、これはいかにも電気の無駄遣いだ。

 家の中でもiPodとヘッドホンで聴くというのは、普通にありえないので、個人的にもiPod用スピーカーの手頃なモデルを音楽リスニング用に手に入れてみようと考えていたのだ。


まさに「ちょうどいい」と思える製品

 その気になってiPod用スピーカーを探してみると、その数の多さにあらためて驚かされた。CDやFM/AMチューナー、MDなどを備えたミニコンポ的なものもあるし、音にもしっかりとこだわった本格的なオーディオ志向のものもかなり増えている。

 狙っていたのは、手頃な価格のiPodスピーカーだが、こちらも数だけはとても多い。しかし、小さいスピーカーでは貧弱な音にならないか心配だし、機能的にも、単純にスピーカーに充電機能付きのDockが付いただけでは物足りない。

 とはいえ、あれもこれも求めると価格が高いものになりがち。そんなわけで、「これだ!」と言えるモデルを決めきれずにいた。

 そんな筆者がようやく見つけたのがヤマハのデスクトップオーディオシステム「TSX-70」だ。今回はヤマハさんのご好意である程度の期間お借りすることができたので、自宅に持ち込んでじっくり使い勝手や音の実力を試してみた。


ヤマハ 「TSX-70」の主なスペック
スピーカー形式 2.1chステレオ形式、SR-Bass
スピーカーユニット 4cmフルレンジ×2、5.5cmウーファー×1
最大出力 4W+4W+8W(JEITA、6Ω)
対応iPod iPod(第5世代)、iPod classic、iPod nano、iPod touch、iPhone、iPhone 3G、iPhone 3GS(2009年9月現在)
入力端子 iPodドック×1、ステレオミニジャック×1
ラジオ FM/AMチューナー内蔵(プリセットメモリー各×5)
消費電力 10W(待機時消費電力1.0W以下 ※スタンバイ時)
外形寸法 幅210×高さ110H×奥行き134mm
質量 1.4kg
付属品 リモコン、FM簡易アンテナ、AMループアンテナ、ACアダプター、電源コード、ドックカバー

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART