このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

ネット音楽レーベルの社員・むらたさんがCDデビューする理由

2010年03月08日 12時00分更新

文● 盛田諒/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今だからこそ、人間くさくてナマっぽいものにふれてほしい

―― 最後に「会社の人」として聞きます。今はクリエイターとファンが同じ目線で「友だち」として交流してるわけですよね。そこでむらたさんはどこに入るんですか?

ADmurata 友だちとは思われてないと思いますけど、ファンの人たちと飲みに行くこともあります。そういうところで直に意見を聞くのが大切だと思うんです。業界がやってこなかったことって、そういう立場で話をすることだと思うんです。上の人たちは特に。

もちろんネット系のイベントにも顔を出す。写真はボーカロイド専門イベント

―― それをしぜんに出来ちゃってるんですよね、むらたさんは。狙いではなくて。

ADmurata 純粋に人間ってものが好きなんですよね。こういうと変態と思われるかもしれないんですけど、人間観察も趣味なんです。駅前に立って「あの2人はカップルなのか、キャバクラ帰りなのか……」とか想像したりして。

―― もうそれは良い意味でも悪い意味でも、「レーベルの人」ではなく、むらたさんでなければ出来ないことだと思いますよ。

ADmurata ジャンルレスで音楽を聴いてて、ネットの黎明期を知ってて、自分でも音楽をやってて、人が好き。ただそれだけだと思うんです。似たようなことは誰でも出来ると思います。でもそこで「自分にしか出来ない」を考えつづけることが重要なんじゃないかと。

―― 「LOiD-02-」を出したあと、次は何をしていきたいと思ってるんですか。

取材を終え、外に出たむらたさん

ADmurata それはみんなで考えていくものなんですけど、個人的にやりたいのは音楽の「見せ方」をちょっと工夫したいということです。賛否両論あると思うんですけど「音楽に勝敗をつける」とか、そういうエンタメ性があってもいい。たとえばプロレス的なものから取り入れたりして。

―― イギリスでの経験ですか。たしかにそれは企業が入らないと出来ない。

ADmurata ……と、えらそうなことを言えるのも、風雅なおとさんとか、昔から多方面で活躍されている方が周りに多くて、「前はこうだったんだ」ということを教えてもらっているからなんですよね。

―― 分かりました、ありがとうございます。長いことすいません……あ、1つ聞くの忘れてました。クリエイターとして、「LOiD-02-」の曲でこだわったところってあります?

ADmurata すべて生音でやってるんです。スタジオ借りて、ドラム叩いて。会社からお金出ないんで、自腹で。最近の音楽はそういう「ナマっぽい」ものが少なくなっている気がしていて。人の手が加わっている暖かみというか、それを感じてもらえたらと思ってます。かちっとしてない、雑な感じも含めて。

―― それではあらためて、ありがとうございました。

ADmurata こちらこそありがとうございます。あとASCII.jpさん「明日のための料理」の人にインタビューしません? ラー油の新しい使い方を提案してもらいたいんですよ。

この後、むらたさんは会社に行った

■関連サイト

■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン