このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

バンドとニコ動、2つの顔を持つ「裏表ラバーズ」作者の素性

2010年02月13日 12時00分更新

文● ノトフ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

バンドの自分とニコ動の自分はどちらも「自分」であり続ける

―― ここまでニコ動で人気が出ると、バンドとの温度差って出てきませんか。楽しさの違いとか。

現実 音楽に対するスタンスは、趣味として自分が楽しいからやっているというのがあるので、ニコ動でもバンドでも楽しさは変わらないですね。楽しくなくなったら、やめちゃうでしょうし。

―― ミクの曲をバンドではやらないんですか?

現実 いや、やらないです(笑)。

―― 本人ってことを隠して、自分で歌ってみたりとか。

現実 それも面白そうですけど、それとは別にボカロPの方と組んでバンドをやろうとはしてます。ボカロの曲で、バンドでやってみたい曲も沢山ありますし。

最近ではボーカロイドPたちが集まったライブも盛んに開かれている

―― 手っ取り早くバンドの人気を出すには、wowaka/現実逃避Pの名前を使うことだと思うんですけど、それはしないんですか?

現実 しませんね。

―― バンドのメンバーは、現在の活動を知っているんですか?

現実 いや、たぶん知らないんじゃないかな。でも、そのうちバレるかな。

―― 何か言わない理由とかは?

現実 特にないんですけど。ニコ動では1人でどこまで出来るかっていうのがあって。それとニコニコでは、wowaka/現実逃避Pとして見てもらえているので、そこをぶらしたくないっていうのはありますね。

―― ファンがこれだけ付くと変わってくるところはありますか。プレッシャーとか。

現実 最近は流れがすごく速くて、毎日新しい曲が発表されていて。そういう流れが、Twitterなんかをやってると顕著にわかるんですよね。そういうのを見てると、ちょっと頑張らなきゃなって思います。

―― ボーマスとかで、たくさんのファンの方を見て、どう思いますか。

現実 すごいですよね。こんなに聞いている人がいるんだって、素直に驚きます。僕に会ったこともない人が、僕の曲を聴いて、わざわざイベントにも来てくれるっていう状況がすごいと思いました。

―― なるほど。それでは最後に、そんなファンの方々へメッセージを。

現実 いつも聞いてくれて、ありがとうございます。これから、自分が楽しいうちは、いろいろ試して挑戦していきたいなと思ってますので、聞いていただければと思います。



著者紹介――ノトフ

 老舗ニュースサイト「かーずSP」かーず氏の弟子としてライター活動を始める。ブログは「はつゆきエンタテインメント」。

 自主制作番組「はつゆきラジオ」や、ニコニコ生放送などで主に活動中。最近は女装をして、ネットで顔出しをすることで一部の人に面白がられている。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART