このページの本文へ

あの「バウリンガル」が、今夏iPhoneに登場!

2010年02月10日 09時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インデックスは9日、犬のボイス翻訳機「バウリンガル」のiPhone向けアプリを2010年初夏に発売すると発表した。価格は未定。

バウリンガル
バウリンガル。Twitterに投稿された写真やコメントに対して評価ができるなど、コミュニケーション機能を搭載する予定だという

 2002年9月に(タカラトミー)から発売された「バウリンガル」のiPhoneアプリ版。

 バウリンガルは、犬の鳴き声を首輪に装着された小型ワイヤレスマイクから本体側に飛ばし、リアルタイムに鳴き声を分析して、その気持ちを「フラストレーション」「威嚇」「自己表現」「楽しい」「悲しい」「欲求」の6種類の感情に分類して人間の言葉として表示する犬のボイス翻訳機。現在は「バウリンガルボイス」が後継機として販売されている。

 本アプリでは翻訳はもちろん、犬の写真を魚眼レンズ風に加工できる写真編集、そして翻訳機能で翻訳された内容と写真編集機能で加工した写真を投稿するTwitter連携といった3つの機能を備える。Twitter連携機能では、本アプリ経由でTwitterにログインすると、翻訳された世界中の犬のつぶやきが表示される。

 同社によると、2010年初夏に予定している本アプリの発売時期までに、モニターによるユーザーテストの実施やYouTubeでのユーザーテストの模様の配信を予定しているという。


カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中