このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

AMD「Radeon HD 5450」

ローエンド新型GPU「Radeon HD 5450」搭載VGAが一斉に登場

2010年02月04日 23時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMD「Radeon HD 5000」シリーズのローエンドモデルとなる「Radeon HD 5450」を搭載したビデオカードの販売が今日から一斉にスタート。多数の製品が店頭に並んでいる。

「Radeon HD 5450」
「Radeon HD 5000」シリーズのローエンドモデルとなる「Radeon HD 5450」を搭載したビデオカードの販売が今日から一斉にスタート。計14モデルが店頭に並んでいる

 旧世代となる「Radeon HD 4000」シリーズからの移行を進めるAMD。結論から言ってしまえば、今回登場の「Radeon HD 5450」は「Radeon HD 4550」のDirectX 11対応版となるGPUとなる。その「Radeon HD 4550」と比較して、製造プロセスは55nm→40nmに、シェーダ世代は4.1→5.0となったが、80基のシェーダプロセッサ数や64bitとなるメモリインターフェイスは据え置きのままだ。
 その他、ビデオメモリはDDR2もしくはDDR3に対応。メモリ容量は512MBまたは1GBで、一部例外のモデルはあるものの基本的にファンレス/Low-Profile仕様となっている。なお、コア/メモリクロックは650MHz/1600MHz(DDR3モデル)。
 本日発売を確認したのは、Gigabyteが2モデル、msiが1モデル、PowerColorが3モデル、Sapphireが4モデル、XFXが1モデル、玄人志向が3モデルの計14モデル。以下に販売ショップと価格を紹介しているので参考にしていただきたい。

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中