このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

物欲AVコモノ道 ― 第37回

カセットの音楽を手軽にデジタル化! 「THOMSON CE-26」

2010年01月18日 12時00分更新

文● 川添貴生/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

カセットデッキ内蔵の激安デバイスを試す!

 家電量販店のオーディオ売り場において、ラジカセ/CDラジカセといった製品の展示スペースが縮小し続けている。ラジカセと同様のスタイルを持つ製品であっても、カセットの代わりにSDメモリーカードスロットを搭載した製品であったり、あるいはCDとラジオしかないといった製品が多く、純粋なラジカセやCDラジカセは貴重になりつつある。

 さらにカセットデッキは、家電量販店の中だけでなく、家庭内においても貴重になりつつある。オーディオ機器を買い換えているうちに、いつの間にかカセットテープを再生できる環境がなくなっているというわけだ。

 ただ再生環境こそないものの、テープだけは保管しているという人は多いのではないだろうか。特に廃盤になったLPやCD、あるいはラジオ番組を録音したテープはなかなか捨てづらい。

 こうしたユーザーをターゲットとして、カセットテープの内容をパソコンやSDメモリーカードに取り込む製品がいくつか販売されている。これらを使ってデジタル化しておけばパソコンや携帯型オーディオプレーヤーで聴いたり、あるいはオリジナルCDとして保存できる。デジタル化しておけば、繰り返し再生によってテープが摩耗したり、伸びて切れたりする不安が解消されることもメリットだろう。

「THOMSON CE-26」「THOMSON CE-26」。カセットの音楽をSDメモリーカードやUSBメモリーに記録できるが、逆(カセットへの録音)は不可

 エグゼモードから発売された「THOMSON CE-26」(実売価格は8000円前後)も、カセットテープの内容をSDメモリーカードやUSBメモリーに記録できるという製品だ。エグゼモードというと低価格なデジタルカメラやデジタルビデオカメラで知られているが、オーディオ関連機器も精力的にリリースしている。

 同社は昨年、フランスに本社を置くトムソンの日本でのブランド使用権を取得しており、その第一弾製品の1つとしてリリースされたのがTHOMSON CE-26というわけだ。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART