このページの本文へ

ASUSTeK「P7H55D-M EVO」

ASUS、「Clarkdale」対応のmicroマザーにハイエンドモデル追加

2010年01月09日 21時55分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今週デビューとなった「Clarkdale」対応のチップセット「H55」搭載マザーだが、本日新たにASUSTeK製の新モデル「P7H55D-M EVO」が追加となった。

「P7H55D-M EVO」
「Clarkdale」対応のチップセット「H55」搭載マザーに早速新モデルが追加。ASUSTeK「P7H55D-M EVO」だ

 発売されたのは、すでに8日から店頭に並んでいる「P7H55-M PRO」の上位モデルとなる「P7H55D-M EVO」。オンボードデバイスにUSB3.0やIEEE1394、eSATAが追加されたほか、オール固体コンデンサ採用などが特徴となる。
 その他、拡張スロットの構成も異なり、PCI Express(2.0) x16×1、PCI Express x1×2、PCI×1。メモリはDDR3 DIMM×4(DDR3-2133(O.C.)/1333/1066、16GBまで)。8+3フェーズの電源回路や電源回路効率化制御チップ「EPU」、2オンス銅電源層「Stack Cool 3」などの従来機能も健在だ。価格はアークとドスパラ秋葉原本店で1万6480円となっている。

I/O部
オンボードデバイスにUSB3.0やIEEE1394、eSATAが追加されたほか、オール固体コンデンサ採用などが特徴となる

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中