このページの本文へ

NHKオンデマンド、4月にMac OS対応

2010年01月05日 12時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

NHKオンデマンド
NHKオンデマンド

 NHKの映像配信サービス「NHKオンデマンド」は5日、同サービスのブログにて、2010年4月より動画のフォーマットをFlash Videoに変更することを発表した。これにより、Mac OS XやFirefoxといった環境でも視聴できるようになる。

 NHKオンデマンドは、インターネットを通じて国内限定でNHKの番組を有料で配信するという映像配信サービス。現状、Windows Mediaのデジタル著作権管理(DRM)を利用して動画を配信しているため、Windows Vista(32bit版)/XP SP2以上、Internet Explorer 6.0以上とWindows Media Player 10以上という環境でしか視聴できない。

 また、動画のビットレートについても、既存の1.5Mbps、768kbpsに加えて、384kbpsが追加された(ニュース番組の配信は768kbpsと384kbps)。回線速度が遅い環境でも、より動画の待ち時間が少なくて済むようになる。

 昨年12月には映像配信サービス「バンダイチャンネル」がFlashへの移行を発表し、Mac OS Xに対応している(関連記事)。


カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】COMPUTEX TAIPEI 2016中継

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください