このページの本文へ

OCZ「OCZSSD2-1CLS500G」

3.5インチで容量500GBのモンスターSSDがOCZから発売に!

2009年12月28日 23時36分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 OCZから3.5インチサイズで容量500GBとなるSerial ATA対応のSSD「OCZSSD2-1CLS500G」が発売となった。販売価格は約17万5000円となる。

「OCZSSD2-1CLS500G」
3.5インチサイズで容量500GBとなるSerial ATA対応のSSD「OCZSSD2-1CLS500G」がOCZから発売。容量もデカイが販売価格もモンスター級である

 この製品は、先日下位モデルが発売となった「OCZ Colossus Series SATA II 3.5" SSD」シリーズの製品。内部はRAID 0で構成されたMLCタイプのNANDフラッシュを搭載。さらにデュアルコントローラーと128MBのキャッシュメモリによりパフォーマンスの最適化がなされている。データ転送速度は最大読み込み260MB/sec、最大書き込み260MB/secというスペック。本日入荷を確認したアークでは、価格17万4800円となっている。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中