このページの本文へ

メリープラスマス! ラブプラスの限定ケーキをゲットせよ!

2009年12月24日 21時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

行ったら終わってた!
六本木の寧々さんケーキ

 寧々さんをこよなく愛する筆者(末岡)が向かったのは、ギロッポンの「グッディ・フォーユー六本木」。ASCII.jpで仕事をしていたら、取材以外ではまったくもって近寄ることのない土地だ。屈強なガイジンとホストとキャバ嬢が闊歩し、クラブ(DJがいるほう)とクラブ(お酒を飲むほう)では若者が青春を謳歌している。そんなイメージ。

 そんな人種とは接点がないので、普段なら絶対行かないが、寧々さんのケーキが待っているとなれば話は別だ。意を決してお店に向かうと……、屈強なガイジンもリア充たちもいなかったが、なんと同じ寧々さんのケーキを求めるカレシであり、同士であり、強敵(とも)がズラリと並んでいた。

先頭からぐる~~~~っと1ブロック囲むように行列が
この時点でまだ9時前。2chで情報を共有し、都内各地にアクセスしやすい新宿で待機していた人も多数いたという

 遅かった~! 筆者が到着したのは8時45分くらいだったが、コナミの話によると8時半には整理券の配布を終えたとのこと。休日の朝早くから電車に乗ったのに! しょうがない、仕事をしよう……。

整理券配布後は無情にもこのプレートが……。こうなると、このプレートすら愛おしい

 お店の前に並んでいる、栄誉ある先頭の人に話を聞く。8時に情報公開だったけど、何時頃来たの?

住んでるのは茨城なんですが、職場が東京なので、仕事帰りに徹夜で飲んで、そのまま始発で(笑)。5時くらいには六本木にいました。なんでココに並んだのかというと、ケーキに詳しい同僚の女の子に聞いたら、六本木か吉祥寺のお店だと。イチかバチかで六本木に賭けました。当たって良かったです

ニンテンドーDS LLと特製ケーキを誇らしげに手にするグッドルッキングガイなMさん。ホントはリアル彼女いるでしょ?(笑) そもそも「同僚の女の子にケーキの話をする」という時点でリア充だ。だってASCII.jp編集部なんて「女の子の同僚」がいないんだから(目に涙を浮かべながら)

 実は寧々さんケーキのお店は某巨大掲示板では前日に割れていたらしいのだが、そのような情報戦を制し、ケーキを一番にゲットできる栄誉を勝ち取ったのは素晴らしい。その行動力と幸運に乾杯!

 こうして、大きな混乱もなく、無事に11時にケーキは発売され、選ばれし100人が寧々さんケーキを持ち帰った。

特製ケーキの販売以外には、特にイベントはなく、ケーキを購入したあとは、普通に帰っていった

 筆者はというと、手ぶらで帰るワケにもいかないので、店頭で販売されていた寧々さんケーキとまったく同じケーキ「マスカルポーネチーズの入ったストロベリーケーキ」を買って帰り、むせび泣きながら食したのだった……。

ケーキは買えなかったけど、寧々さんへの愛は負けない! とばかりに、とあるカレシが見せてくれたのがコレ。自作のサンタコス。画面の寧々さんの顔に合うように作られているのだ!ああ、彼氏の趣味に付き合わされているんだな~、と思いきや、実は彼女がラブプラスにハマっているというカップル。つまり、彼女のカノジョなのである。彼氏はDSすら持っていないので、「クリスマスプレゼントはDSとラブプラスで」と彼女。遠距離恋愛らしいが、たまのデートがこれでいいの?(笑)
ギリギリ100人目に滑り込んだカレシ。自作の痛ンブラーと、クリスマス衣装の寧々さんがその気合いを物語る。現在痛車を作成中らしく、ASCII.jpの痛車記事はよく読んでいるそうで、「末岡さん?」と逆に声をかけられ、ちょっぴり恥ずかしかったのはナイショだなんと中学生の女子も参戦! 「寧々さんのような先輩がいたらステキ!」とのこと。ラブプラスのGirs's Sideが出たら買う? との問いに「いや、このキャラたちが好きなので買いません。元々こういう男性向けが好きなんです」。将来有望だ!?
見よ! これが寧々さん印の「マスカルポーネチーズの入ったストロベリーケーキ」だ! このケーキ限定のARカードと、特製のチョコレートが付いている。ちなみにこのチョコ、寧々さんだけホワイトチョコなのである! 寧々さん派としてはちょっぴり優越感(笑)
決してお供えモノではない! 残念ながら特製ケーキをゲットできなかったので、記念撮影だけしてきた。このパネル、持って帰りたいくらいカワイイのお~

(次ページへ続く)

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ

デル株式会社