このページの本文へ

アイ・オー・データ機器「HDJ-UT1.0」

アイ・オー・データ機器からもUSB3.0対応の外付けHDD登場

2009年12月18日 22時30分更新

文● 宇田川和成/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アイ・オー・データ機器から次世代の高速規格USB3.0に準拠した外付けHDD「HDJ-UT1.0」が発売された。

アイ・オー・データ機器から次世代の高速規格USB3.0に準拠した外付けHDD「HDJ-UT1.0」が発売された

 登場したのは、容量1TBのUSB3.0対応の外付けHDD。当然のことだが、USB3.0はUSB2.0と上位互換性を持っているため、従来のUSB2.0インターフェイスにも接続可能となっている。その場合、フロントに搭載されたLEDがUSB3.0接続時にはブルー、USB2.0時はグリーンに発光し、簡単に確認できるものが特徴だ。
 また、国内メーカー製の静音ファンを搭載し、ハードディスクと電源を効率的に冷却するとしている。価格はソフマップ駅前店で1万9800円となっている。
 なお、同様にUSB3.0に準拠した外付けHDDとしては、バッファローから「HD-HU3」シリーズが発売されている。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中