このページの本文へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」第8回

初音ミクから「たくろく!」へ 山口生まれのネット系シンガー

2009年11月28日 12時00分更新

文● 聞き手:広田稔、盛田諒/ASCII.jp編集部 構成:四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

二人が出会ったきっかけは「もう帰りたいですね」

山口県の宅録系シンガーソングライター、KNOTSさん。ニコ動では「若干P」という名前で通っている

―― KNOTSさんとbakerさんは、4年前に横須賀のライブでお知り合いになったということですが?

KNOTS 僕にとっては初めての県外のイベントでした。メインアクトがけっこう凄い人たちでしたね。えーと、これはどこまで言ったら……?

baker ミリオンを沢山出しているような人たちですよ。

KNOTS その前座みたいな感じで、なぜか知名度の低い僕が呼ばれて。メインアクトが凄かったんで、僕とbakerさんは楽屋でガタガタ震えていたんですよ。

baker あれは楽屋って言うか、廊下っす。

KNOTS 廊下っすね。楽屋は怖そうだったから。


―― それは怖くて入れなかったということですか?

baker (ドアを)ガチャっと開けると(目線が)ギロッって感じで、「すみませんでしたーっ!」って。「出演者控室」って書いてあるし、僕も出演するのになあって。僕はあるバンドのサポートでギターを弾いていたんですが。

ニコ動ではボーカロイドの他、ガジェット楽器のプレイ動画でも知られるbakerさん。クラブDJとしても活躍している

KNOTS ようわからん廊下みたいなところでチューニングしてたよね。その時に二人で「もう帰りたいですね」みたいな話をしていて。二人とも、もちろんライブは一生懸命するんですけど、イケイケドンドンじゃない雰囲気が似てる。僕がその時「今日はかましてやりますよ!」とか言ったら、多分ひいてたと思う。

baker 言ったとしても無理してるのが分かるし。

―― ボカロ界隈の人って、そういう性格の方が多いんでしょうか?

KNOTS 僕はボーカロイドとは立ち位置が離れているから、正しいかどうか分からないんですけど、やっぱりDTM畑の人が多い印象は受けるんで、ライブはそんなに慣れていないと思いますね。クラブでやっている人は、ライブのはっちゃけ方も分かるかも知れませんが。

baker DJはライブとちょっと違うかな。「空気を読め!」っていうことですよね。フロアを暖めるというのはもちろんだけど、そのときに一番いい曲をかけなきゃならないから。

この特集の記事

注目ニュース

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン