このページの本文へ

iPhoneアプリ、ついに10万本超え

2009年11月05日 13時50分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米アップルは5日、iPhone/iPod touch向けコンテンツ配信サービス「App Store」に登録されたアプリの数が10万本を超えたと発表した。

App Store App Store

 同社のワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラー氏は、「10万本以上のアプリケーションが揃ったApp Storeは、世界中に何百万人もいるiPhoneおよびiPod touchのお客様にとって明らかに他との大きな差別化要因となっています。iPhone SDKはモバイルアプリケーションのための初めての卓越したプラットフォームを創り出しました。私たちのお客様はデベロッパが作っているすばらしいAppsのすべてを気に入ってくださっています」とコメントしている。

 現在、App Storeは世界77カ国で展開しており、ゲーム、ビジネス、ニュース、スポーツ、健康&フィットネス、レファレンス、旅行を含む20のカテゴリーを用意している。これまでに20億本を優に超えるアプリがダウンロードされたという。


カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中