このページの本文へ

3D撮影や映写機能も!使って楽しいデジカメ5機種

2009年10月27日 22時26分更新

文● 吉田重戦車

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 個性的な機能を持ったコンパクトデジタルカメラが次々と登場している。3D撮影や映写機能、パーティで活躍する自動撮影機能など、意欲的な機能を持つ最新製品を紹介する。


3Dデジカメで大事な場面を立体的に記録!FinePix REAL 3D W1

 ついに登場した世界初の立体デジカメが富士フイルムFinePix REAL 3D W1だ。FinePix REAL 3D W1は、静止画と動画の立体撮影と表示ができる。撮影した画像は背面の3D対応液晶モニターで見られるが、FinePix REAL 3D W1で撮影した画像は、パソコンやテレビでは立体表示にならない。FinePix REAL 3D W1以外で立体的に見るには、専用フォトビューアーFinePix REAL 3D V1、専用プリントを利用する。

Image from Amazon.co.jp
FUJIFILM 3Dカメラ FinePix REAL 3D W1

 FinePix REAL 3D W1は1000万画素の撮像素子、光学3倍ズーム、2.8型3D対応液晶モニターを搭載している


ダイナミックフォトで合成写真を作れるカシオEXILIM EX-Z450

 カシオEXILIM EX-Z450は、ダイナミックフォトに対応したデジタルカメラだ。ダイナミックフォトは、動く合成写真を手軽に作成できる機能でカシオの独自技術。EX-Z450で作ったダイナミックフォトは、オンラインのデータ変換サービス「Dynamic Studio」でAVI形式のファイルに変換でき、携帯電話やパソコンでも見られる。

Image from Amazon.co.jp
CASIO デジタルカメラ EXILIM EX-Z450 ゴールド EX-Z450GD

 EX-Z450は手ぶれ補正や顔認識機能、HDムービーを搭載。1210万画素の撮像素子と光学4倍ズームを搭載している。電池寿命も連続550枚撮影可能の長寿命だ。


カメラをパーティの自動撮影ロボットに!サイバーショットDSC-TX1

 ソニーサイバーショットDSC-TX1はスタイリッシュなコンパクトデジタルカメラで、オプションのインテリジェントパンチルターIPT-DS1と組み合わせると自動撮影ロボットになる変わり種だ。組み合わせた状態では、DSC-TX1の顔・笑顔検出機能により自動的に被写体を追い最適な構図とタイミングで撮影できる。パーティで写真を撮りまくると場の雰囲気を壊しがちだ。そこで撮影をサイバーショットDSC-TX1とインテリジェントパンチルターIPT-DS1に任せてしまえば、雰囲気を壊さずに大事な想い出を残せる。

Image from Amazon.co.jp
SONY デジタルカメラ Cybershot TX1 (1020万画素/光学x4/デジタルx8/グレー) DSC-TX1/H
Image from Amazon.co.jp
SONY インテリジェントパンチルター IPT-DS1

 DSC-TX1は1060万画素の撮像素子を搭載、HD動画も記録可能だ。光学4倍ズームのカールツァイスレンズを採用している。


画像を大画面で映写するCOOLPIX S1000pj

 ニコンCOOLPIX S1000pjは静止画、動画をプロジェクター機能で映写できる世界初のデジカメ。投影サイズは最大40型、大画面テレビが無くても皆で映像を楽しめるスグレモノのデジタルガジェットだ。夕焼けや夜景、水族館などヒーリング効果の高そうな画像を動画や静止画で撮影しておき、ゆったりとした時間を過ごすのはどうだろう。

Image from Amazon.co.jp
Nikon デジタルカメラ COOLPIX (クールピクス) S1000pj シルバー S1000pjSL

 COOLPIX S1000pjは手ブレ補正機能を持ち高感度に強く夜景撮影に向いている。1210万画素の撮像素子、光学5倍ズーム、顔認識機能などを搭載している。


アートなミニチュア写真が気軽に撮れるCX2

 数年前からブームの通称「ミニチュア写真」ことティルト・シフトレンズ使用風写真。リコーCX2は「ミニチュアライズモード」としてミニチュア写真を生成するモードを持つ。パソコンなどを使うことなしにCX2だけでミニチュア写真を撮って遊べる。

Image from Amazon.co.jp
RICOH デジタルカメラ CX2 ブラック CX2BK

 CX2は929万画素の撮像素子、光学10倍ズーム(35mm換算で28-300mm相当)を搭載している。加えて60コマ/秒高速連写機能やシャッターボタンを放す直前を記録する「M連写プラス」、手ブレ補正機能も持つ。

カテゴリートップへ

特設サイト

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ