このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

コスト削減100本ノック ― 第19回

賢いオールインワン製品のチョイスで月額コストを安く

【19本目】SaaSよりも安価にグループウェアを導入する方法

2009年10月28日 09時00分更新

文● TECH.ASCII.jp  記事協力●ネオジャパン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

21世紀のコバルトキューブを目指す

ターボリナックス株式会社 営業本部アドバンスドサービス部 佐藤栄一氏

 もともとこの製品は、Linuxディストリビューションを手がけるターボリナックスが、ネオジャパンとのコラボレーションにより作り上げたものだ。ターボリナックス株式会社 営業本部アドバンスドサービス部 佐藤栄一氏は「もともと弊社でdesknet’sを導入しており、その使いやすさを高くく評価していました。こうした経緯もあって、弊社のOSとグループウェア、そしてSSLサーバ証明書を組み合わせたパッケージを展開していました。ですから、次はハードウェアとのバンドルをやりたかったんです」と語る。その結果、富士通のサーバを組み合わせてアプライアンス化したのが、今回のどこでもオフィスアプライアンスモデルだ。

アプライアンスの元祖であるCobalt Qube

 佐藤氏の念頭にあるのはアプライアンスの代名詞ともいえる「Cobalt Qube」だ。Cobalt Qubeは文字通りキューブ型の愛らしい筐体に、Linuxを搭載したインターネットサーバ機で、Webブラウザによる優れた操作性やカスタマイズ性は多くのユーザーを魅了した。Turbo Linux Appliance Server 3.0自体がSun Cobalt互換のオープンソース管理ツール「BlueQuartz」を採用していることもあり、どこでもオフィスアプライアンスモデルでも、Cobalt Qubeのような手軽さ、コンパクトさ、そして価格の安さを目指しているという。「1Uラックマウントという案もあったのですが、やはりオフィスに手軽におけるモノにしたかった。ですから、サーバ機も小型で、静音性の高いものを選びました。もちろん、小さいけどRAIDに対応したサーバの仕様なので、安心して使っていただけます」(佐藤氏)。

 では、実際の価格はどうのだろうか? 製品は30、50、100というユーザー数でモデルが分かれており、30ユーザー版のP0782が95万円という価格となる。30ユーザー中、20ユーザーはiPhoneからの利用が可能になっているので、営業マンなど外回りのユーザーで使えばよいだろう。「100ユーザー版だと1ユーザーあたりの単価が1年間で1050円になります。3年間使うのを考えれば、月額350円くらいになり、ASP形態で提供されているグループウェアより安価になります」(佐藤氏)とのことで、コストパフォーマンスも良好だ。もちろん、単品で購入するのに比べて、かなりお得なのは間違いない。

型番P0782P0783P0784
製品名30User iPhone 20User50User iPhone 30User100User iPhone 50User
製品価格95万円105万円126万円
1ユーザー当たりの単価3万1666円2万1000円1万2600円
1ユーザー当たりの月額単価(1年間)2639円1750円1050円
1ユーザー当たりの月額単価(3年間)880円583円350円

 ユーザーの対象としては、30~100ユーザーということで、SOHOや中小企業ということになる。特に外出先でもグループウェアを使いたいというユーザーはぜひ検討したい。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事
ピックアップ