このページの本文へ

NEC、企業内ポータル「StarOffice Xシリーズ V2」を販売開始

2009年10月23日 07時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「StarOffice Xシリーズ V2」
「StarOffice Xシリーズ V2」コミュニティ掲示板の画面

 NECは、“Enterprise2.0対応”を謳った企業内ポータル「StarOffice Xシリーズ V2」を販売開始した。

 製品の特徴は以下の通り。

業務システムとの連携

WebAPIを実装
StarOffice Xシリーズと業務システムを連携させるためのWebAPIを実装。第一弾として、今回は「ID管理機能」「メール機能」「文書管理機能」を提供する。今後は「スケジュール管理」や「施設予約」といったWebAPIも追加予定。
FlowLitesのシリーズ追加
承認や各種申請を行なうワークフロー製品「FlowLites」をラインナップに加え、低コストでの承認システムの構築を可能とした。
JSR168/286への対応
JSR168/286は、ポートレット(ポータルを構築する部品)作成のための標準規格。StarOffice Xシリーズの「ポータル機能」がこれに対応したことで、複数ポートレット間でのデータ連係や業務システム連携が容易になった。

検索・情報共有機能などの強化

企業内の横断検索が可能に
NECが開発した横断検索機能を実装。StarOffice Xシリーズ内だけではなく、Webサーバーやイントラネット上のファイルサーバー上のファイルまで検索できる。アクセス権コントロールも可能。
チームのコミュニケーション機能を強化
ブログ機能に、テーマごとに投稿者の記事をスレッドツリー式に表示する「コミュニティ掲示板」を追加したほか、Wiki機能も搭載した。

価格

 StarOffice Xシリーズ V2の価格は以下の通り。

Standard
50ID以上で、80万円から。出荷は11月9日からだが、ポータルの新機能は2010上期出荷予定
Stnerprise
1000ID以上で、1980万円から。出荷は11月9日からだが、ポータルの新機能は2010年上期出荷予定
横断検索(オプション)
300万円。製品に標準添付の回数(5万件)を超えて無制限で検索したい場合。2010年2月出荷予定
ブログ(オプション)
120万円。ブログサーバー1台分のライセンス価格。2009年11月9日出荷予定

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ