このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Windows 7で快適になったか? 最新ネットブック特集 ― 第3回

XP vs 7 ネットブックで使うならどっちだ?

2009年10月23日 12時00分更新

文● 山本雅史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 7はWindows Vistaと比べて、動作に必要なメモリーやHDD容量が小さいため、リソースの少ないネットブックでも動作する。Windows 7 RTM版がリリースされたあとに、筆者もさまざまなプラットフォームで試したが、「ネットブックでも十分に使える」という実感を持った。

 そこで、今回は各種ベンチマークテストを実施し、ネットブックにおけるXPとWindows 7のパフォーマンスを検証してみたい。


ベンチマークに使用した環境

Aspire one D250 テスト機材と同じ「Aspire one D250」

 今回のベンチマークには、日本エイサーの「Aspire one D250」を使用した。Aspire one D250の主な仕様は、CPUにAtom N280(1.66GHz)、グラフィックス機能にはGMA950(Intel 945GSE Expressチップセット)、メモリーはDDR2-533 1GB、HDDは160GB、ディスプレーは1024×600ドットとなっている。非常にスタンダードなネットブックと言える。

 OSは、標準ではWindows XP Home Edition(ULCPC版)が入っていた。Windows 7は、筆者がWindows 7 Ultimate 32bit(RTM版)をインストールした。ちなみにWindows 7のインストール時に、ドライバーなどが足りなくトラブルが起こることはなかった。Windows 7のRTM版とWindows Updateで、すべてのドライバーがインストールされた。


SiSoftware Sandra

Sandra 2009 SP3 「Sandra 2009 SP3」。特にCPU関連のベンチマークとしては定評がある

 SiSoftwareのハードウェア/OSチェックツール「Sandra 2009 SP3」を利用して、XPとWindows 7上でのCPUの基本的な演算性能差をチェックしてみた。基本的には、同じCPUであるため、OSが違ってもほとんど差はないと予測していた。

SandraによるCPU演算性能テスト
SandraによるCPU演算性能テスト(単位は軸ラベルに)

 その予想どおり、Arithmetic(整数演算)や浮動小数点演算、Multi-Media(SSEなど)のどれも、ほとんど性能は変わらなかった。ただし、すべてのベンチマークにおいて、Windows 7の方がわずかに好成績だ。

 すべての項目でWindows 7が優っているのは、誤差と言い切るのもためらわれる。Sandraのベンチマークの内容を考えれば、XPとWindows 7でCPU性能差が出るとは思えない。もしかすると、OSのチューンナップの度合いがWindows 7の方が進んでいるためかもしれない。ただ、あまりにも差がないため、一概に「Windows 7の方が速い」とまでは言えない。


PassMark Performance Test V7

PerformanceTest V7.0 「PerformanceTest V7.0」統合ベンチマークソフトとして、CPU、メモリー、グラフィック、ディスク、CD/DVDなどのテストを行なう

 次に豪PassMark社の統合ベンチマークソフトツール「PerformanceTest V7.0」で計測してみた。テスト前は、「Windows 7の方が速いか」と予測していたが、結果はXPに軍配が上がった。なお、XPの「3D Graphics Mark」は、いくつかのテストがエラーになったためか、スコアがでなかった。

PerformanceTestによる各種テスト
PerformanceTestによる各種テスト(単位はMarks)

 CPU、2D Graphics、Memory、Diskのどの項目を見ても、XPの方がスコアが高い。CPUやMemory、Diskなどは5~10%の差だが、2D Graphicsに関しては60%も差がある。

 そこで、Windows 7側のグラフィックドライバーを確認してみた。すると、使用しているドライバーは、マイクロソフトが提供しているWDDM1.0ベースのドライバーだった。

 Windows 7では最新のディスプレードライバーモデルが「WDDM1.1」に改良されている(関連記事)。Windows 7上でWDDM1.0ドライバーを使用したため、XPよりも低いスコアになったのではと考え、インテルのウェブサイトから最新ドライバーを入手してみたものの、こちらもWDDM1.0だった。テスト結果もほぼ変わらない。

インテルの最新ドライバーをインストールしてみたが インテルの最新ドライバーをインストールしてみたが、WDDM 1.0のままだった(赤枠内)

 このことから考えられるのは、Windows 7でWDDM1.0ベースのディスプレードライバーを使うと、XPよりもグラフィックパフォーマンスが悪くなってしまう可能性があることだ。そのうえ将来も、GMA950用のWDDM1.1ドライバーはリリースされないかもしれない(関連記事)。その意味でも、ネットブックにWindows 7を導入しても、グラフィックのパフォーマンスは向上しそうもない。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART