このページの本文へ

Magic Mouseにも触ってきた!

このデカさは驚異! 27インチiMacの実機を激写

2009年10月21日 23時00分更新

文● 広田稔/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iPhoneサイズの新マウス「Magic Mouse」

Wireless Mighty Mouse
旧モデルのWireless Mighty Mouse

 Macの新製品と同時に、Bluetoothマウス「Magic Mouse」も発表されたが、こちらも発売が11月となっている(Apple Storeで見る)。ただし発売中のiMacにはMagic Mouseが標準で同梱されているため、すぐにマウスが欲しければ、本体ごと買い換えるという手もある(のだろうか!?)。

 従来の純正Bluetoothマウス「Wireless Mighty Mouse」と比べると、外観デザインが現在のMacやキーボードに即したものに変わっていることが分かる。

Magic Mouse Magic Mouseは、トップシェルに継ぎ目がないので「つるん」とした印象を受ける。サイズはiPhone/iPod touchに近い
Magic Mouse iPhone 3GS(左、12.3mm)と厚さを比べたところ。Magic Mouseの最薄部は、iPhoneの厚さを下回る
Magic Mouse Magic Mouse
上部と底部。
Magic Mouse 横から見ると、シルバーの底部の上に半透明なトップシェルが乗っているという構造が分かる。トップシェルは角が残っているため、シャープな印象を与える
Magic Mouse 前端/後端は尖ったように見える。このシャープさやクールさを前面に押し出したデザインだけで「買い」というアップルファンも少なくないだろう
Magic Mouse トップシェルの前側を押すと、きちんとクリック感を感じられる。この辺、Apple Wireless Mighty Mouseや、ノート型Macが採用するボタンのないマルチタッチトラックパッドなどと同様だ
Magic Mouse かなりシンプルな側面。Wireless Mighty Mouseには、マウスの左右側面を「はさむ」ことで指定した操作を実行できるボタンが用意されていたが、Magic Mouseではなくなっている
Magic Mouse Magic Mouse
電源は単三形乾電池2本。裏蓋を開いて交換できる

マルチタッチのトップシェル

 Magic Mouseのキモとなるのは、マルチタッチに対応しているという点。下の動画で説明したように、「control」キー+1本指でトップシェルをなぞることで画面をズームしたり、Safariの閲覧時に2本指で左右にスワイプすることで、前後のウェブページに移動するといったことが可能だ。


マルチタッチ



 ただし、現時点におけるMagic Mouseでは、MacBook Pro/MacBookのマルチタッチトラックパッドほど多くのジェスチャーを実行できない。具体的には、2本指を広げることで画像を拡大/縮小する、4本指を上下にスワイプしてExposeを使うといった多くの操作に対応していない。この辺、ソフト側のアップデートでノート型Mac並みの機能を揃えてほしいというニーズがありそうだ。

Magic Mouse 27インチiMacで、「システム環境設定」の「マウス」を開いたところ。ジェスチャーとして用意されているのは4項目
Magic Mouse こちらは15インチMacBook Proで「システム環境設定」の「トラックパッド」を開いたところ。ジェスチャーの数が圧倒的に違う

ASCII.jp RSS2.0 配信中