このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ここが変わった! 早わかりWindows 7 ― 第8回

USBメモリーでWindows 7を快速インストール

2009年10月21日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Windows 7はUSBメモリーからでもインストールできる Windows 7はUSBメモリーからでもインストールできる

 光学ドライブのないネットブックやモバイルノートにWindows 7をインストールするなら、USBメモリーを利用しよう。最近のパソコンならUSBデバイスからの起動が可能だ。ただし、単にインストールディスクの中身をコピーしただけではダメ。起動可能にするために、特殊な作業が必要だ。今回は、Windows 7インストール用のUSBメモリーを作成する方法を紹介しよう。


フリーソフトを使って
ブータブルUSBメモリーを作成する

「WinToFlash」の起動画面 「WinToFlash」の起動画面。「Windows setup transfer wizard」をクリックする

 Windows 7のインストール用USBメモリーを作成するなら、フリーソフト「WinToFlash」(Novicorp作、Windows 7動作確認済み)を使うと簡単だ。

 ダウンロードしたファイルを解凍し、ソフトを実行。あとはウィザードに従って、Windows 7のインストールDVDを入れたドライブとUSBメモリーのドライブを選択するだけだ。

 作業途中で、「USBメモリー内のファイルを利用しているので閉じるように」とのメッセージが出ることがある。特にファイルを利用していないなら、別途エクスプローラーを開いて、USBメモリーをフォーマットすれば作業を進められる。

 インストールDVDの容量は2.33GBなので、USBメモリーは4GBタイプを利用しよう。何度も繰り返し利用するなら、高速タイプだと作業が短時間で済む。

詳細な設定を行なうなら「Advanced mode」をクリック。通常は不要なので「Next」をクリックする「Select」をクリックして、インストールDVDとUSBメモリーを挿入したドライブを指定する
完了したら「Next」をクリック 「Exit」をクリックして完了
エラーが出るようなら、WinToFlashはそのままの状態で、エクスプローラーを開いてUSBメモリーをフォーマットする。完了したら「Next」をクリック「Exit」をクリックしてソフトを終了させれば完了

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART