このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Flash for iPhoneの衝撃 これから何が起こる?

2009年10月17日 15時27分更新

文● 深津貴之/fladdict

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Adobe MAX 2009
ADOBE TVで配信中の動画よりキャプチャーした、Adobe MAX 2009における基調講演の様子

 2009年10月初め、米国ロサンゼルスにて米アドビ システムズの開発者向けカンファレンス「Adobe Max 2009」が開催された。その基調講演において、iPhoneに関するふたつの発表があった。ひとつは、米アドビシステムズがリリースする次期Flash Player 10.1。もうひとつは、マルチメディア制作環境の「Flash CS5 Professional」がサポートしたiPhoneアプリの書き出し機能だ。

 これらはiPhoneとその周辺にどのような影響をもたらすだろうか? アドビの発表をまとめつつ、今後、起こりうることを考察してみた。

Adobe MAX 2009
ADOBE TV

 Adobe MAX 2009の様子はアドビのビデオ配信サービス「ADOBE TV」にて確認できる(関連リンク)。英語のみだが、Flash関連を知りたい人は基調講演の「MAX 2009 KEYNOTE - DAY 1」をチェックしてみよう。


マルチタッチに対応したFlash Player

 MAXにて発表されたFlash Player 10.1 は、モバイル環境で動作する、初の本格的なFlash Playerである(関連リンク)。

 従来、モバイル用のFlash Playerには、サブセットである「Flash Lite」が使用されていた。一方、今回のFlash Player 10.1では、PC、携帯電話、ネットブックなどで同じ機能性を実現している。これにより(スペックさえ足りていれば)PCで表示されるものと同一のコンテンツを、携帯電話でも表示できるようになる。

 ちなみにFlash Player 10.1は、Flash Playerをあらゆるデバイスで同じように動作させる環境を作るプロジェクト「Open Screen Project」における、初の成果物でもある。

 またFlash Player 10.1では、マルチタッチ、ジェスチャー、加速度センサー、モバイル用のテキスト入力、GPS位置座標ライブラリなどもサポートしている。同時にリソースが限られた実行環境でのスムーズな再生を目指すべく、メモリー効率の向上や、GPUへの対応なども行なわれている。

 このマルチタッチの対応などは明らかにiPhoneを意識したものだろう。しかしながら、Flash Player 10.1は、SymbianやAndroidといった主要なスマートフォンには搭載される予定だが、iPhoneへの採用は現状では未定という。


FlashがiPhoneのビジネスモデルを破壊する?

iPhone 3GS
iPhone 3GS

 では、なぜiPhoneにFlash Playerは搭載されないのだろうか?

 その問いについて、かつて米アップルのCEO、スティーブ・ジョブス氏は、「FlashはiPhoneには重すぎる」という主旨の発言をしたと報道されている。

 確かに、現状のモバイル端末においては、PCと同等のコンテンツを表示することはムリがある。iPhoneのユーザー体験をよりいいものにするためにFlashを搭載しない、というのはもっともらしく聞こえるが、Flash Playerの排除にはもうひとつの事情があるように思える。それは、Flash PlayerがiPhoneのビジネスモデルを破壊する可能性だ。

 iPod/iPhoneが成功した理由の一端には、iTunesを起点とする、独占的なコンテンツの配信と販売にある。ところがFlash Playerは、ほかのプラットフォーム上に自身のレイヤーを構築し、デバイスが本来持っていた独占販売モデルなどをバイパスする手段を提供してしまう。コンテンツプラットフォームとして見た場合、Flash Playerも本質的にはiPhoneの競合なのである。

 将来的にアドビがFlash Playerの基本機能として「Adobe Store」を用意して、Flashと連動した音楽や映像の配信サービスを始める可能性もある。アップデートであとから機能を拡張できるFlash PlayerやAIRを採用してしまうと、最悪、iPhoneが単なるFlash再生デバイスになってしまうのだ。

 このようなリスクがある以上、例えアドビに「Adobe Store」を作る意図がなくても、アップルがFlash Playerの導入に難色を示すのは自然なことに思える。

 現状、アドビができることといえば、iPhone以外のスマートフォンにFlash Playerを提供して、アップルがiPhoneにFlash Playerを搭載しないと不利になると考えることに期待するしかない。

 ところが実際にはアドビはFlash Player 10.1の発表に加えて、さらにアクロバティックな解答を出した。それが、iPhoneアプリの書き出しだ。

前へ 1 2 次へ

関連記事

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中