このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

日×仏ガチンコ対決「CGアニカップ」【第1話】

2009年10月05日 20時30分更新

文● 藤山 哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 京都クロスメディアエクスペリエンスの一環として開催された「CGアニメコンテスト」(その1その2)。その翌日に開催されたのが「CGアニカップ 日×仏親善試合」というイベントだ。
 これは剣道の試合のように、日仏で選抜された5人のクリエイターが団体戦を行ない勝負するというものだ。

 試合は先鋒戦、次鋒戦、中堅戦、副将戦、大将戦の5回あり、どの作品をどこに当てていくかの戦術も勝敗を左右する。各試合の判定は、審査員5名による審判に加え、会場内の拍手の大きさも判定材料になる。
 日本代表は、歴代のCGアニメコンテストから選ばれしクリエイター。フランス代表は、e-magiciens(イーマジジャンズ)というコンテストにおいて、EU 16ヵ国から選ばれた若きデジタルクリエイターたちだ。どんな映像作品なのかは、次のムービーを見てほしい(参戦していないムービーも含まれる)。

 戦いの火蓋は、近畿経済産業局 コンテンツ支援室長の高木 英彦氏と、e-magiciens総合ディレクター Marie-Anne Fontnierさんからの挨拶で切って落とされた。

先鋒戦:日本
作品名:memory(CGアニメコンテスト佳作)
制作者:山元 隼一

荒廃した都市を進む兵士らしき人物が見つけたのは、何かのメモリカード。内容を再生してみる
このメモリは、とある女の子と暮らすロボットの映像らしい
少女は美しい女性となり、身長もロボットと変わらないぐらい大きくなった。そして結婚式に臨む。この後、誰も予測できない事態が!

 たった7分で、人をここまで感動させられるのか!と驚かされる作品だ。あまりにも悲しすぎるお話で涙するだろう。この動画は、ニコニコ動画にもアップロードされているので、ぜひ見てほしい作品。

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社