このページの本文へ

「Radeon HD 5850」本日デビュー!! 人気のため完売店続出!

2009年10月03日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先週発売となった「Radeon HD 5870」搭載ビデオカードに続き、今度は下位モデル「Radeon HD 5850」を搭載した「SAPPHIRE HD 5850 1G GDDR5 PCIE DUAL DVI-I/HDMI/DP」がSapphireから発売となった。

「SAPPHIRE HD 5850 1G GDDR5 PCIE DUAL DVI-I/HDMI/DP」
「Radeon HD 5850」を搭載した「SAPPHIRE HD 5850 1G GDDR5 PCIE DUAL DVI-I/HDMI/DP」がSapphireから発売。早くも完売のショップが続出中だ

 同GPUは、さきの「Radeon HD 5870」と同じく、世界で初めて次世代DirectXであるDirectX 11(Shader Model 5.0)に対応したのが最大の特徴。主なスペック(カッコ内は「Radeon HD 5870」のスペック)は製造プロセ40nm、ストリーミングプロセッサ数1440基(1600基)、テクスチャユニット数32基、コアクロック725MHz(850MHz)、シェーダクロック725MHz(850MHz)、メモリクロック4GHz相当(4.8GHz相当)、対応メモリGDDR5 1GB、補助電源コネクタ6ピン×2、消費電力151W(188W)。
 カード本体は実測で約240mmとなり、これは上位モデルの「Radeon HD 5870」の280mmと比較すると40mm程短縮された格好。ただ、補助電源コネクタ6ピン×2がカード上部ではなくエッジ部となっているため、取り付けの際はある程度余裕を見たほうがよいだろう。

補助電源
補助電源コネクタ6ピン×2は「Radeon HD 5870」と異なりカード上部ではなくエッジ部に配置。カード本体は実測で約240mmとなるが、取り付けの際はある程度余裕を見たほうがよい

 その他、インターフェースがDVI-I×2、HDMI、DisplayPortと豊富に用意されている点や、GPU1基で3画面同時出力が可能な「ATI Eyefinity」がサポートされている(Windows 7/Vista/Linuxで使用可能。XPはサポートされていない)点なども「Radeon HD 5870」と同じだ。
 本日入荷となった同製品だが、やはり初回の流通量は少なめ。そのため、すでに完売となったショップも多く、しばらくは品薄状態が続きそうな印象だ。価格は以下の通りとなっている。

ポップ
付属品としてDVI→D-Sub変換コネクタや電源変換ケーブル×2、CrossFire用ブリッジケーブル、ゲームソフト「Colin McRae: DiRT 2」が付属する

 ※訂正とお詫び:Radeon HD 5850のスペックを誤って表記しておりました。訂正してお詫びいたします。

価格ショップ
「SAPPHIRE HD 5850 1G GDDR5 PCIE DUAL DVI-I/HDMI/DP」
¥31,475クレバリー1号店
¥32,180T-ZONE.PC DIY SHOP
¥32,470フェイス本店(完売)
¥32,480TWOTOP秋葉原本店(完売)
¥32,800アーク(完売)
ドスパラ本店
TSUKUMO eX.(完売)
¥33,980ZOA秋葉原本店

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中