このページの本文へ

2009年秋開始アニメ大特集 ― 第5回

秋のアニメ大改編期! 必見なアニメはコレだ!【最終夜】

2009年10月02日 20時30分更新

文● コンテンツ計画

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

俺達の考えた何か。
俺達の想った何か。
俺達の感じた何か。
それら全部。
それら、一冊のかたちになっていないアルバム。
「WHITE ALBUM」

作品解説
 一人の大学生と彼の周囲にいる美少女たちの恋愛模様を描いた本作は、1998年にLeaf(株式会社アクアプラス)から発売された同名の18禁PCゲームが原作。昨年6月から「月刊コミック電撃大王」(アスキー・メディアワークス)で阿倍野ちゃこの作画による漫画が連載されており、1月には待望のTVアニメーション化に続き、プレイステーション3用のゲームも販売された。
 後期となる本作も、前作に引き続き、アニメーションデザインに「魔法少女リリカルなのは」や「交響詩篇エウレカセブン」などのアニメのほか、「攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL」「テイルズオブファンタジア」などのゲームでも作画を担当してきた吉成鋼や、大ヒットゲーム「ToHeart」シリーズの原画を手がけてきたアクアプラスのカワタヒサシがキャラクター原案を務め、少年と少女たちの恋愛模様を描く。

WHITE ALBUM

あらすじ
 舞台は“バブル”前夜の1986年。きたるべき狂乱とその崩壊を、街を行き交う人々はまだ知らなかった。引き剥がされたプルトップが散らばるアスファルトを歩く人々。電車内でイヤホンをしているのは、競馬か野球、英会話を聴く“オジサン”だけ。
 また、携帯電話はもちろんのこと、自動車電話さえ珍しく、留守番電話でさえ電話機とは別に購入しなければならなかった。そして、駅前の電話ボックスでは、テレフォンカードを手にしたサラリーマンたちが列を成していたような時代。
 若い恋人たちは、誰もが腕時計をはめ、握り締めた受話器から聞こえてくる呼び出し音に胸を高鳴らせながら、お互いを想って悩んだり、泣いたり、誤解し合って、すれ違っていた……。  アイドルとして活動している森川由綺と交際している藤井冬弥は、平凡な大学生。お互いを想い合いながらも、彼女の人気が上がるにつれ、その距離が広がっていく二人。そんな中、冬弥は由綺と同じ芸能プロダクションに所属するトップアイドル・緒方理奈と出会う。
 事務所を移籍した理奈、松山めのうとの接触、父の死と美咲への再接近。そしてはるか、マナ、弥生……それぞれのアプローチに揺れる冬弥。
 さまざまな少女たちとの出会いによって、冬弥と由綺の関係は移ろってゆく……。

スタッフ
原作:AQUAPLUS
企画:下川直哉
脚本:佐藤博暉
監督:吉田泰三
アニメーションデザイン:吉成鋼
キャラクター原案:カワタヒサシ
美術監督:片平真司
音楽:Elements Garden
音響監督:塩屋翼
プロデューサー:三嶋章夫
アソシエイトプロデューサー:中村則子
アニメーション制作:セブン・アークス

オープニングテーマ 水樹奈々「夢幻」
エンディングテーマ Suara「赤い糸」

キャスト
森川由綺:平野綾
緒方理奈:水樹奈々
藤井冬弥:前野智昭
澤倉美咲:高本めぐみ
河島はるか:升望
篠塚弥生:朴璐美
観月マナ:戸松遥
七瀬彰:阪口大助
緒方英二:速水奨
松山めのう:宍戸留美
ほか

テレビ放送情報
テレビ神奈川 10月3日から毎週土曜日26:00~
テレビ埼玉 10月3日から毎週土曜日24:30~
チバテレビ 10月5日から毎週月曜日25:45~
KBS京都 10月2日から毎週金曜日25:30~
名古屋テレビ 10月7日から毎週水曜日26:54~
AT-X 10月13日から毎週火曜日8:30~(リピート放送 毎週火曜日20:30~、毎週金曜日14:00~/26:30)
(※放送日時は放送局の都合により変更になる場合があります)

公式サイトURL http://www.whitealbum-tv.com/

→次ページへ続く

この特集の記事

東京ゲームショウ2017大特集!

  • 東京ゲームショウ2017レポート

  • 週刊アスキーTGS特別版を公開中!

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jp RSS2.0 配信中