秋のアニメ大改編期! 必見なアニメはコレだ!【最終夜】

文●コンテンツ計画

2009年10月02日 20時30分

 5日間続いた秋アニメ特集もいよいよ今日が最終夜となる。今回の特集はあくまでも作品情報や放映情報といった表面的なことしか書かれていない。放映されるアニメがどのような番組かは皆さん自身で確かめていただきたい!

人は死ぬと『本』になる
「戦う司書 The Book of Bantorra」

作品解説
 原作は山形石雄・著、前嶋重機の画によるライトノベル「戦う司書」シリーズ。スーパーダッシュ文庫(集英社刊)においてシリーズ化されており、現在までに9巻が出版されている。また、第1巻「戦う司書と恋する爆弾」は、第4回スーパーダッシュ小説新人賞の大賞を受賞している作品だ。
 また、昨年3月からはウェブコミック「ウルトラジャンプエッグ」(集英社)において、篠原九によってコミック化されている。
 TVアニメーション化にあたっては、「黒執事」「劇場版 遙かなる時空の中で 舞一夜」を手がけてきた篠原俊哉監督をはじめ、シリーズ構成には「黒執事」で篠原監督とタッグを組んだ岡田麿里、制作は「リストランテ・パラディーゾ」などのdavid productionが担当する。

あらすじ
 “人は死ぬと『本』になる”世界……  地中に埋められた死者の魂は自然に生命力が抜けていく。生命力が抜けきり、結晶化した魂(=『本』)には、その人間の持つ記憶のすべてが収められており、手を触れれば、その人間の辿った記憶を追体験出来るという……。
 地中に埋まっていた『本』は掘り出され、過去神バントーラが作った神立バントーラ図書館に収められた。その管理を任されるのは選ばれし人間、“武装司書”。……館長代行のハミュッツ=メセタを頂点に、全員が桁外れの戦闘力と歴史学者並みの知識を持ち、世界で一番なるのが難しいと言われている職業である。
 そんな彼ら武装司書が管理する世界に“神溺教団”が出現する。唯一絶対の教義に基づいて、すべての欲望を肯定するという彼らの目的とはいったい……?

スタッフ
原作:山形石雄(集英社スーパーダッシュ文庫刊・「ウルトラジャンプエッグ」連載)
イラスト:前嶋重機
監督:篠原俊哉
シリーズ構成:岡田麿里
キャラクターデザイン:山田正樹
プロップデザイン:橋本英樹
美術監督:池田繁美
色彩設計:大西峰代
撮影監督:北村直樹
特殊撮影:吉岡宏夫
3Dディレクター:ソエジマヤスフミ
3Dモデリング:平将人
音響監督:本山哲
アニメーション制作:david production
製作:バントーラ図書館

オープニングテーマ ALI PROJECT「堕天國宣戦」
エンディングテーマ Annabe「Light of Dawn」

キャスト
ハミュッツ:朴璐美
マットアラスト:大川透
ミレポック:沢城みゆき
ノロティ:戸松遥
ヴォルケン:中村悠一
モッカニア:石田彰
イレイア:竹口安芸子
ミンス:三宅健太
キャサリロ:広橋涼
コリオ:入野自由
シロン:川澄綾子
カチュア:大木民夫
シガル:置鮎龍太郎
ガンバンゼル:納谷六朗
エンリケ:野島裕史
ウインケニー:野島健児
ルイモン:遠藤大智
ワイザフ:秋元羊介
イア・ミラ:吉田聖子
レーリア:遠藤大輔
ヒョウエ:江口拓也
ほか

テレビ放送情報
アニマックス 10月2日から毎週金曜日22:00~
BS11 10月3日から毎週土曜日24:00~
バンダイチャンネル他にて10月5日より毎週月曜日ネット配信開始!
(※放送日時は放送局の都合により変更になる場合があります)
公式サイトURL http://www.bantorra.com/

→次ページへ続く

「戦う司書 The Book of Bantorra」

→次ページへ続く

赤い夜に迷い込んだ二人……
「11eyes」

作品解説
 昨年4月に登場した「11eyes -罪と罰と贖いの少女-」は、美少女ゲームブランドのLassによるパソコンゲーム。同一時間に主人公以外の登場人物の視点からもストーリーが展開される“クロスビジョンモード”が採用されており、ストーリー全体をより理解できるようなシステムが導入されている。
 また、今年3月にはドラマCDが発売されたほか、「月刊コンプエース」(角川書店)でもコミカライズされる予定だ。
 空が赤く染まった世界に引き込まれてしまった少年と少女のストーリーをアニメーションとして描き出すのは、「ゼーガペイン」や「神曲奏界ポリフォニカ」などで監督を務めるほか、数々の人気作品で絵コンテを担当してきた下田正美監督をはじめ、シリーズ構成に「夏目友人帳」や「地獄少女」の金巻兼一など実力派揃いのスタッフ陣。また、制作は、「グイン・サーガ」や「東のエデン」の動画工房が担当する。

あらすじ
 平凡な生活を送っていた皐月駆は、ある日幼なじみの水奈瀬ゆかと共に、突然不気味な異世界へ迷い込んでしまう……。
 そこは血の色にも似た不気味に赤く染まる空に、漆黒の巨大な月が浮かぶ世界。
 そんな『赤い夜』の世界に、駆とゆかは呆気にとられてしまう……。呆然とたたずむそんな二人の周りに、異形の怪物が現れた! 怪物たちに襲われる駆とゆか。
 二人の命を賭けた戦いが始まる!

スタッフ
原作:Lass(「11eyes-罪と罰と購いの少女-」)
監督:下田正美
シリーズ構成:金巻兼一
キャラクターデザイン:原将治
総作画監督:原将治
制作会社:動画工房

オープニングテーマ 彩音「Arrival of Tears」
エンディングテーマ Asriel「Sequentia」

キャスト
皐月駆:小野大輔
水奈瀬ゆか:後藤麻衣
草壁美鈴:浅川悠
橘菊理:力丸乃りこ
広原雪子:壱智村小真
田島賢久:森久保祥太郎
百野栞:萩原えみこ
奈月香央里:水橋かおり
赤嶺彩子:たかはし智秋
ほか

テレビ放送情報
チバテレビ 10月6日から毎週火曜日25:00~
AT-X 10月15日から毎週木曜日9:00~(リピート放送 毎週木曜日21:00~/毎週月曜日15:00~、27:00~)
(※放送日時は放送局の都合により変更になる場合があります)

作品サイトURL http://www.mmv.co.jp/special/11eyes/

→次ページへ続く

「11eyes」

→次ページへ続く

俺達の考えた何か。
俺達の想った何か。
俺達の感じた何か。
それら全部。
それら、一冊のかたちになっていないアルバム。
「WHITE ALBUM」

作品解説
 一人の大学生と彼の周囲にいる美少女たちの恋愛模様を描いた本作は、1998年にLeaf(株式会社アクアプラス)から発売された同名の18禁PCゲームが原作。昨年6月から「月刊コミック電撃大王」(アスキー・メディアワークス)で阿倍野ちゃこの作画による漫画が連載されており、1月には待望のTVアニメーション化に続き、プレイステーション3用のゲームも販売された。
 後期となる本作も、前作に引き続き、アニメーションデザインに「魔法少女リリカルなのは」や「交響詩篇エウレカセブン」などのアニメのほか、「攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL」「テイルズオブファンタジア」などのゲームでも作画を担当してきた吉成鋼や、大ヒットゲーム「ToHeart」シリーズの原画を手がけてきたアクアプラスのカワタヒサシがキャラクター原案を務め、少年と少女たちの恋愛模様を描く。

あらすじ
 舞台は“バブル”前夜の1986年。きたるべき狂乱とその崩壊を、街を行き交う人々はまだ知らなかった。引き剥がされたプルトップが散らばるアスファルトを歩く人々。電車内でイヤホンをしているのは、競馬か野球、英会話を聴く“オジサン”だけ。
 また、携帯電話はもちろんのこと、自動車電話さえ珍しく、留守番電話でさえ電話機とは別に購入しなければならなかった。そして、駅前の電話ボックスでは、テレフォンカードを手にしたサラリーマンたちが列を成していたような時代。
 若い恋人たちは、誰もが腕時計をはめ、握り締めた受話器から聞こえてくる呼び出し音に胸を高鳴らせながら、お互いを想って悩んだり、泣いたり、誤解し合って、すれ違っていた……。  アイドルとして活動している森川由綺と交際している藤井冬弥は、平凡な大学生。お互いを想い合いながらも、彼女の人気が上がるにつれ、その距離が広がっていく二人。そんな中、冬弥は由綺と同じ芸能プロダクションに所属するトップアイドル・緒方理奈と出会う。
 事務所を移籍した理奈、松山めのうとの接触、父の死と美咲への再接近。そしてはるか、マナ、弥生……それぞれのアプローチに揺れる冬弥。
 さまざまな少女たちとの出会いによって、冬弥と由綺の関係は移ろってゆく……。

スタッフ
原作:AQUAPLUS
企画:下川直哉
脚本:佐藤博暉
監督:吉田泰三
アニメーションデザイン:吉成鋼
キャラクター原案:カワタヒサシ
美術監督:片平真司
音楽:Elements Garden
音響監督:塩屋翼
プロデューサー:三嶋章夫
アソシエイトプロデューサー:中村則子
アニメーション制作:セブン・アークス

オープニングテーマ 水樹奈々「夢幻」
エンディングテーマ Suara「赤い糸」

キャスト
森川由綺:平野綾
緒方理奈:水樹奈々
藤井冬弥:前野智昭
澤倉美咲:高本めぐみ
河島はるか:升望
篠塚弥生:朴璐美
観月マナ:戸松遥
七瀬彰:阪口大助
緒方英二:速水奨
松山めのう:宍戸留美
ほか

テレビ放送情報
テレビ神奈川 10月3日から毎週土曜日26:00~
テレビ埼玉 10月3日から毎週土曜日24:30~
チバテレビ 10月5日から毎週月曜日25:45~
KBS京都 10月2日から毎週金曜日25:30~
名古屋テレビ 10月7日から毎週水曜日26:54~
AT-X 10月13日から毎週火曜日8:30~(リピート放送 毎週火曜日20:30~、毎週金曜日14:00~/26:30)
(※放送日時は放送局の都合により変更になる場合があります)

公式サイトURL http://www.whitealbum-tv.com/

→次ページへ続く

“こころ”のこもったテガミ、届けます……
「テガミバチ」

作品解説
 危険を承知で、人々に“こころ”のこもったテガミを届ける国家公務郵便配達員“テガミバチ”を描いた本作は、「月刊少年ジャンプ」(集英社)で連載が始まり、同誌の休刊に伴い、「ジャンプSQ.」(集英社)で現在も連載されている浅田弘幸の漫画。
 テガミバチたちが織り成すやさしい物語をTVアニメーションで描くのは、岩永彰監督のもと、シリーズ構成を「着信アリ」「名探偵の掟」などTVドラマを多く手がける大石哲也。さらに、キャラクターデザインには「吟遊黙示録マイネリーベ」「黒執事」の芝美奈子、アニメーション制作は「BLEACH」や「英國戀物語エマ」のstudioぴえろ、と実力派揃いのスタッフ陣だ。

あらすじ
 夜が明けることのない星“アンバーグラウンド”。
 そこには、首都を照らす人工太陽の光が届かない暗く危険な地域を旅する国家公務があった。国家公務郵便配達員“テガミバチ”……暗闇に潜む危険を承知で行なう彼らの仕事は「届けること」。人々は彼らにそれぞれの「こころ」を込めたテガミを託していた。
 幼い少年、ラグ・シーイングは、ある日突然、何者かに母をさらわれる。しかも、ラグ自身も行方不明の母が依頼主の配達票を張られ、“郵便物(テガミ)”として知り合いの家に運ばれることになってしまう。  そんなラグを送り届けることになったのが、アンバーグラウンド国家公務郵便配達員・BEE……通称“テガミバチ”のゴーシュ・スエードと相棒(ディンゴ)のロダだった。
 しかし、まだ幼く、なす術もなく大好きな母と引き離されたラグは心を閉ざし、自分の感情を押し隠し、仕事を全うすることを最優先とするゴーシュに反発する。
 やがて渓谷に差し掛かった一行の前に現れたのは、鎧虫(ガイチュウ)と呼ばれる巨大で凶暴な生物だった。ラグを身を挺して守ってくれたゴーシュにラグは……。
 数年後、ラグはゴーシュと同じくテガミバチになるために郵便館のあるユウサリ地区を目指す……。

スタッフ
原作:浅田弘幸(集英社「ジャンプSQ.」)
監督:岩永彰
脚本・シリーズ構成:大石哲也
キャラクターデザイン:芝美奈子
アニメーション監修:神戸守
アニメーション制作:studioぴえろ
音楽:梁邦彦

キャスト
ラグ・シーイング:沢城みゆき
ニッチ:藤村歩
ゴーシュ・スエード:福山潤
ラルゴ・ロイド:小西克幸
アリア・リンク:小清水亜美
ステーキ:永澤菜教
ジギー・ペッパー:中井和哉
ザジ:岸尾だいすけ
コナー:菅沼久義
シルベット:水樹奈々
ほか

テレビ放送情報
テレビ東京 10月3日から毎週土曜日22:55~
テレビ北海道 10月3日から毎週土曜日22:55~
テレビ愛知 10月3日から毎週土曜日22:55~
テレビ大阪 10月3日から毎週土曜日22:55~
テレビせとうち 10月3日から毎週土曜日22:55~
TVQ九州放送 10月3日から毎週土曜日22:55~
(※放送日時は放送局の都合により変更になる場合があります)

公式サイトURL http://www.a-tegami.tv/

→次ページへ続く

「テガミバチ」

→次ページへ続く

あのふたりが帰ってくる!
『犬夜叉 完結編』

作品解説
 1996~2008年まで「週刊少年サンデー」(小学館)にて連載されていた高橋留美子の漫画が原作。平成13年度には、第47回小学館漫画賞を受賞している。
 2000年10月~2004年9月まで読売テレビ・日本テレビ系列でTVアニメーションが放映されたほか、『犬夜叉 時代を越える想い』『犬夜叉 鏡の中の夢幻城』『犬夜叉 天下覇道の剣』『犬夜叉 紅蓮の蓬莱島』と、東宝で4作の劇場版も公開された。このほか、プレイステーションをはじめとするゲームソフトや劇団☆新感線とパルコプロデュースによる舞台などといったメディアミックスも行なわれるなど、その人気はとどまることを知らない。
 単行本第37巻から最終56巻までを基とした本作も前作から引き続き、監督に『焼きたて!!ジャぱん』の青木康直、シリーズ構成に『新機動戦記ガンダムW』の隅沢克之など、前作に携わったスタッフが再集結して、犬夜叉とかごめの最後の戦いを描く。

あらすじ
 妖怪が跋扈する戦国時代。あらゆる野望を叶え、妖怪の妖力を高めるという四魂の玉を狙う妖怪や人間達は後を絶たなかった。四魂の玉を浄め、守る巫女・桔梗は、四魂の玉を奪おうとした半妖の犬夜叉を、自らの命と引き換えに封印した。四魂の玉は、桔梗の遺言どおり、桔梗の亡骸と共に燃やされた……。
 500年後の現代、中学3年生の女の子・日暮かごめは、ある日突然、戦国時代にタイムスリップ。50年前、桔梗に封印された犬夜叉と出会う。悪しき妖怪との戦いで体内から四魂の玉が現れたかごめは、妖怪たちとの戦いの中で、無数のかけらに飛び散ってしまった四魂のかけらを集める旅を、犬夜叉と共にすることになった。
 最初はケンカばかりだった二人も、幾多の戦いを共に乗り越えるうちにお互いかけがえのない存在になっていくが…。
 鬼女裏陶によって、桔梗が蘇った。
 50年前、お互いに思いを寄せていた犬夜叉と桔梗は、ある者の罠にかかり、憎しみあい殺しあったのだ。
 二人を罠にかけた、恐るべき敵の名は、奈落。
 旅の途中で知りあった子狐妖怪・七宝や、右手に何でも吸い込む風穴を持つ法師・弥勒、妖怪退治屋の珊瑚という頼もしい仲間と共に、犬夜叉とかごめは、奈落の分身や七人隊といった強敵を倒していく。
 しかし、四魂の玉のほとんどを、奈落が集めてしまう!
 犬夜叉の異母兄の殺生丸、四魂のかけらを持つ琥珀や鋼牙を巻き込み、奈落を裏切ろうとする神楽と魍魎丸たちの暗躍……。四魂の玉を完成させ、奈落を滅しようとする桔梗だが、奈落は邪な人間の心を手に入れて待ち受けていた!
 四魂の玉が完成するとき、最終決戦が開始される!!
 果たして、犬夜叉とかごめは、弥勒、珊瑚、七宝とともに明日を見ることができるのか……。

スタッフ
原作:高橋留美子「犬夜叉」(小学館 少年サンデーコミックス刊)
監督:青木康直
副監督:佐藤照雄
シリーズ構成:隅沢克之
キャラクターデザイン・総作画監督:菱沼義仁
美術監督:池田繁美
色彩設計:佐藤美由紀
CG:小森稲穂、福士直也
撮影監督:小川滋見
編集:鶴渕友彰
音楽:和田薫
音響監督:鶴岡陽太
アニメーション制作:サンライズ

オープニングテーマ
Do As Infinity
「君がいない未来」(avex trax)

エンディングテーマ
AAA(トリプル・エー)
「With you」(avex trax)

キャスト
犬夜叉:山口勝平
日暮かごめ:雪野五月
弥勒:辻谷耕史
珊瑚:桑島法子
七宝:渡辺久美子
桔梗:日髙のり子
殺生丸:成田剣
邪見:チョー
奈落:森川智之
ほか

テレビ放送情報
日本テレビ 10月3日から毎週土曜日26:20~
読売テレビ 10月5日から毎週月曜日25:44~(初回のみ25:59~)
(※放送日時は放送局の都合により変更になる場合があります)

公式サイトURL http://www.ytv.co.jp/inuyasha/

→次ページへ続く

私たち、まだまだ見習いだけど頑張る!
「キディ・ガーランド」

作品解説
 2002年10月~2003年3月にフジテレビ、東海テレビ、関西テレビの深夜枠に放送されたアニメ「キディ・グレイド」から50年後を舞台にした本作は、特殊能力を秘めた秘密エージェント「ESメンバー」の見習いの少女たちを描く作品。
 監督には「うた∽かた」や「機神大戦ギガンティック・フォーミュラ」を手がけてきた後藤圭二、シリーズ構成にはきむらひでふみ、キャラクターデザインを「キディ・グレイド」の門之園恵美が担当する。彼らは後藤監督と共にアニメ制作集団“gimik”にも所属しており、「うた∽かた」や「機神大戦ギガンティック・フォーミュラ」でもタッグを組んできた。
 前作「キディ・グレイド」では、アニメとラジオ、小説、コミックが相互に複雑にリンクしており、その全てを網羅しないと、真の全体像が掴めない仕組みになっていたが、今回もそのような展開になるのだろうか!?

あらすじ
 星暦0379年……
 今から500年ほど未来の銀河系。GTOと呼ばれる銀河系政府のおかたーいお役所で働く2人の少女がいた。明るく元気なアスクールとちょっぴり真面目なク・フィーユ。
 実は、2人はGTOが誇る特殊能力を秘めた秘密のエージェント「ESメンバー」!!………………の見習いでした………………(汗)。ぽきゅ~ん☆

スタッフ
原作:gimik
企画:安田猛
監督:後藤圭二
シリーズ構成:きむらひでふみ
キャラクターデザイン:門之園恵美
企画プロデューサー:伊藤敦
アニメーションプロデューサー:金子文雄
メカデザイン:海老川兼武
サブメカデザイン:川原智弘
美術監督:徳田俊之
撮影監督:岩崎敦、並木智
美術設定:児玉陽平、松本浩樹
色彩設定:鈴木依里
音楽:上松範康(Elements Garden)
音響監督:佐藤順一
選曲:佐藤恭野
編集:坪根健太郎
音響効果:倉橋裕宗
録音調整:椎原操志
音響制作担当:杉山好美(楽音舎)
音楽プロデューサー:斎藤滋(ランティス)
録音スタジオ:スタジオごんぐ
音響制作:楽音舎
音楽制作:ランティス
制作:サテライト
製作協力:角川メディアハウス・角川書店
製作:GTO

オープニングテーマ アーティスト未定「Baby universe day」

キャスト
アスクール:内田彩
ク・フィーユ:合田彩
イヴェール:水橋かおり
ゾマ:瀧澤樹
エクレール:永田亮子
リュミエール:平野綾
トゥイードゥルディ:桑谷夏子
トゥイードゥルダム:福山潤
アンオウ:石田彰
エイオウ:稲田徹
トリクシー:松岡由貴
トロワジェイン:ゆかな
リトゥーシャ:今野宏美
パウーク:松元恵
サフィル:水原薫
リュビス:斎藤楓子
トーチ:中井和哉
シェイド:飛田展男
ミ・ヌゥルーズ:白石稔
アリサ:相沢舞
ベル:堀川千華
ほか

テレビ放送情報
テレビ埼玉 10月15日から毎週木曜日25:00~
サンテレビジョン 10月15日から毎週木曜日24:40~
TOKYO MX 10月16日から毎週金曜日26:30~
テレビ神奈川 10月16日から毎週金曜日27:15~
広島テレビ 10月20日から毎週火曜日25:34~
KBS京都 10月20日から毎週火曜日25:00~
チバテレビ 10月20日から毎週火曜日26:00~
仙台放送 10月20日から毎週火曜日26:08~
中京テレビ 10月20日から毎週火曜日27:12~
(※放送日時は放送局の都合により変更になる場合があります)

作品サイトURL http://www.kiddygirl-and.com

→次ページへ続く

ピュア少女・爽子の成長がココロに響く青春グラフィティ
「君に届け」

作品解説
 見た目が暗く周りからも「貞子」と呼ばれる女子高生が、クラスメイトたちとの関わりの中で「恋愛・友情」などを通して成長していく姿を描いた本作は、2005年9月号から「別冊マーガレット」(集英社)にて連載されている椎名軽穂の漫画。既刊9巻(以下続刊)の累計発行部数は約700万部を記録し、「このマンガがすごい!」(宝島社)の2008年度版オンナ編の第1位になっているほか、第32回講談社漫画賞少女部門を受賞している。
 また、10月15日(木)には、「君に届け ~育てる想い~」のタイトルでニンテンドーDSのゲームソフトが発売される予定だ。
 TVアニメーション化にあたっては、監督に「全力ウサギ」の鏑木ひろをはじめ、シリーズ構成を「NANA」「のだめカンタービレ」の金春智子、キャラクターデザインに「天元突破グレンラガン」作画監督の柴田由香、と豪華なスタッフ陣が制作を担当する。

あらすじ
 陰気な容姿のせいで霊感があると恐れられ、“貞子”というあだ名までつけられている黒沼爽子。しかし、本当の爽子は明るく、些細なことにもすぐ感動する性格の少女だった。
 そんな爽子は、周囲に避けられることに慣れてしまっていたが、気さくな性格で誰にでも分け隔てなく接してくれる風早翔太に憧れている。
 自分を変えたいという爽子の背中を押してくれる風早や、姉御肌で義理と人情に厚い吉田千鶴、冷静沈着なツッコミ役の矢野あやねや、マイペースな真田龍といったクラスメイトたちとの関わりの中で、爽子は少しずつ自分の殻を破っていく……。
 ピュアな爽子が友情や恋、ライバルや友達の失恋などいろんな「初めて」を知っていく過程を、丁寧に描いていく学園青春ストーリー。

スタッフ
原作:椎名軽穂(「君に届け」/集英社「別冊マーガレット」連載)
監督:鏑木ひろ
シリーズ構成:金春智子
キャラクターデザイン・総作画監督:柴田由香
小物設定:佐藤仁実
色彩設計:広瀬いづみ
美術監督:竹田悠介
美術設定:成田偉保、加藤朋則、加藤浩
3DCGI:佐藤敦
特殊効果:村上正博
撮影監督:田中宏侍
編集:今井大介
音響監督:山田知明
助監督:長沼範裕
音楽:S.E.N.S. Project
アニメーション制作:プロダクション I.G
製作著作:日本テレビ/D.N.ドリームパートナーズ、バップ、 集英社、プロダクション I.G

オープニングテーマ タニザワトモフミ「きみにとどけ」(VAP)
エンディングテーマ Chara「片想い」(ユニバーサルシグマ)

キャスト
黒沼爽子:能登麻美子
風早翔太:浪川大輔
矢野あやね:沢城みゆき
吉田千鶴:三瓶由布子
真田龍:中村悠一
胡桃沢梅:平野綾
ほか

テレビ放送情報
日本テレビ 10月6日から毎週火曜日24:59~
中京テレビ 10月23日から毎週金曜日27:21~
札幌テレビ 11月4日から毎週水曜日25:34~
読売テレビ 12月21日から毎週月曜日26:45~
(※放送日時は放送局の都合により変更になる場合があります)

作品サイトURL http://www.ntv.co.jp/kiminitodoke/

→次ページへ続く

「君に届け」

■関連記事