このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

7も64bitも! 2009年最新版セキュリティーソフト大全

2009年09月30日 09時00分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2009年も残すところ3ヵ月あまり。毎年恒例となったセキュリティーソフトの最新版が各社から出揃ってきた。

 ダウンロードしたファイルへの“ウイルススキャン”、システムフォルダーなどの改変や不要なインターネット接続を監視する“PC保護”、送受信するメールやUSBメモリー接続時などに行なう“リアルタイム監視”など、さまざま機能でPC環境を守ってくれるセキュリティーソフト。

 だが、OSに常駐して、かつ定期的にHDDをスキャンするという性質上、使い始めるとPCの動作が重くなる、スキャンがなかなか終わらない(HDDがいつまでもカリカリ音を立てたりやLEDの点滅が気になる)といった不満があるのも確かだ。そのため、最近のセキュリティーソフトでは、確実なウィルス検出機能はもちろんながら、動作の軽快さ(使用するメモリーやCPUリソースの少なさ)を謳うものも増えている。

 また、10月22日に発売を控えた最新OS、Windows 7への対応状況も気になるところだろう(関連記事)。ここでは、店頭などで購入可能なセキュリティーソフトの最新版の特徴をまとめて紹介する。オフィスや家庭でバージョンアップや乗換えを考えているなら、ぜひ参考にしてほしい。


ウイルスバスター2010(トレンドマイクロ)

ウイルスバスター2010のメイン画面 Mac版ウイルスバスターのメイン画面
ウイルスバスター2010のメイン画面同社初となる“Mac版ウイルスバスター2010”のメイン画面。2010ではMac版が同梱される

主な特徴
従来製品よりも高速化。PCの起動時間を約34.6%、クイック検索時間を23.5%短縮(同社測定値)
既知の危険なウイルスやWebサイトの情報を共有する「スマートプロテクションネットワーク」を新たに搭載
不正な(挙動の怪しい)プログラムを検出すると、トレンドマイクロのサーバーに自動送信する「スマートフィードバック」機能を搭載
PCのアイドル時にのみスキャン動作する「アイドルタイムスキャン」機能を装備
アプリケーションのアンインストール後も残ってしまうレジストリから不要な情報を削除する「レジストリクリーニング」など、システムチューニング機能を強化
Webブラウザー上のパスワード入力を暗号化、など
対応OS
Windows XP(SP2以降)/Vista、Windows 7、Mac OS X(同梱)
価格
1年版(PC 3台までインストール可) パッケージ版:5980円/ダウンロード版:4980円(発売中)
保険&PCサポートがプラスされた「ウイルスバスター2010」(1年3PC パッケージ版:7980円/ダウンロード版:6980円)などもラインナップされている
公式サイト
http://virusbuster.jp/


ノートン インターネットセキュリティ2010(シマンテック)


ノートン インターネットセキュリティ2010のパッケージ ノートン インターネットセキュリティ2010のパッケージを持つしょこたん(中川翔子さん)
主な特徴
ユーザーが蓄積した危険なファイル/ソフトウェア/Webサイトなどの情報をシマンテック側のサーバーに蓄積して反映する独自機能を採用
世界中のノートンユーザーの何人がこのソフトをダウンロードしたかという“評判”を判断材料にできる“Quorumレビュテーション”を搭載
スキャンの高速化に加えて、信頼性の高いプロセスに対するはスキャンを省略してPCの動作を高速化する「ノートン・インサイト技術」を搭載
対応OS
Windows XP(SP2以降)/Vista、Windows 7
価格
1年版(PC 3台までインストール可) パッケージ版:6930円 ダウンロード版:6480円 USBメモリ版:6480円(発売中)
「インターネットセキュリティー2010」(1PC版)を2本パックにした「ニコニコパック」(6480円)、ウイルス対策ソフト「ノートン アンチウィルス2010」(1年版ダウンロード価格4980円)などもラインナップされている
公式サイト
http://www.symantecstore.jp/


Kaspersky Internet Security 2010(ジャストシステム/カスペルスキー)


Kaspersky Internet Security 2010のメイン画面
Kaspersky Internet Security 2010のメイン画面
主な特徴
危険なファイルやWebサイト、安全なサイトやプログラムの情報を同社サーバーで共有、約40秒で情報を反映する「カスペルスキーセキュリティーネットワーク」を強化
処理速度の高速化により、スキャン時間を従来比約70%に短縮
仮想環境でプログラムを実行し、危険なプログラムかどうかを判定する「仮想実行スペース」機能を搭載
危険なWebサイトの診断、USBメモリーなどの監視機能を追加
ウイルス定義データベースは約45分ごとに更新、など
対応OS
Windows XP(SP2以降)/Vista、Windows 7(12月上旬対応予定)
価格
1年版(PC 2台までインストール可) パッケージ版:6800円 ダウンロード版:4680円(10月16日発売)
ウイルス対策ソフト「Kaspersky Anti-Virus 2010」は英語版のみ発売中。Mac OS X版「Kaspersky Anti-Virus for Mac」(1年版ダウンロード価格3900円)を新たにラインナップする
公式サイト
http://www.kaspersky.co.jp/


前へ 1 2 3 次へ

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

ピックアップ