このページの本文へ

2009年秋開始アニメ大特集 ― 第1回

秋のアニメ大改編期! 必見なアニメはコレだ!【第1夜】

2009年09月28日 22時00分更新

文● コンテンツ計画

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

--これは、またしても神奈川県川崎市で繰り広げられる、善と悪の壮絶な闘いの物語である--
「天体戦士サンレッド」

天体戦士サンレッド

作品解説
 原作は、世界征服を企む悪の組織・フロシャイムと正義の味方・天体戦士サンレッドの戦いを描いたくぼたまことのギャグ漫画「天体戦士サンレッド」で、「ヤングガンガン」(スクウェア・エニックス)に連載されている。
 TVアニメーション化は昨年の10月。テレビ神奈川で全26話が放映され、放送直後にはニコニコ動画の公式アニメチャンネルにて無料配信もされた。また、今年の2月には「ファイト!川崎フロンターレ」の中で川崎フロンターレとのコラボアニメーション「KAWASAKI Frontale×天体戦士サンレッド」も放映された。
 スタッフ陣も第1期と変わらず、「ギャラクシーエンジェる~ん」などをはじめ、ドタバタギャグコメディが得意な岸誠二監督のほか、「バンブーブレード」などを制作してきたAIC ASTAが制作を担当。お笑いコンビ“髭男爵”が声優を務めるのも健在だ。

あらすじ
 舞台は神奈川県川崎市高津区溝の口。日本の首都でもないこの地で世界征服を狙うのは、悪の組織・フロシャイムの川崎支部の面々。彼らに立ち向かうのは、ご当地ヒーロー天体戦士サンレッド! ……のはずが、実はサンレッドはちょっと粗暴な性格で、普段はパチンコをしたり、家でゴロゴロするのが好きな、ただのヒモ。
 かたやフロシャイム川崎支部を率いるヴァンプ将軍は、組織の中間管理職として部下たちから「理想の上司」と慕われる人格者である一方、“一日の大半は料理のことを考えている”ほどの料理好きで、家事全般が得意なカリスマ主夫。
 おまけにフロシャイムの怪人たちも、とても世界征服を企んでいるとは思えないほどそれぞれ小市民。なんだか身近な小市民的キャラクターたちに、新たなキャラクターも続々と加わって、時にほのぼのとした、時に世知辛い、時にシュールな日常が描かれてゆく。

スタッフ
総監督:岸誠二
監督:松本剛彦
シリーズ構成:上江洲誠
脚本:上江洲誠、中村浩二郎
キャラクターデザイン:森田和明
音楽:柿島伸次
制作:AIC ASTA
製作:flyingDOG

オープニングテーマ manzo「続・溝ノ口太陽族」
エンディングテーマ 森野熊八「溝の口Forever」

キャスト
サンレッド:髙木俊
かよ子:鍋井まき子
ヴァンプ将軍:山田ルイ53世(髭男爵)
戦闘員1号:ひぐちくん(髭男爵)
戦闘員2号ほか:清水聖(東京タイツ)
メダリオほか:イッキ(東京タイツ)
ウサコッツ:間宮くるみ
ナレーションほか:斧アツシ
ほか

テレビ放送情報
テレビ神奈川 10月3日から毎週土曜日23:30~
キッズステーション 11月9日から毎週月曜日23:00~(再放送 11月15日から毎週日曜日23:00~)
(※放送日時は放送局の都合により変更になる場合があります)
公式サイトURL http://www.sunred.jp/

→次ページへ続く

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jp RSS2.0 配信中