このページの本文へ

2009年秋開始アニメ大特集 ― 第1回

秋のアニメ大改編期! 必見なアニメはコレだ!【第1夜】

2009年09月28日 22時00分更新

文● コンテンツ計画

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

選べ--
「アスラクライン2」

アスラクライン2

作品解説
 幼馴染みの幽霊少女に憑かれた高校生の少年と、彼らを取り巻く美少女たちの学園生活を描いた原作の「アスラクライン」は、三雲岳斗著、和狸ナオのイラストによる電撃文庫刊の人気小説。2008年9月からはあきづきりょうの作画によって「月刊コミック電撃大王」(アスキー・メディアワークス)でコミカライズ化、2009年4月にはTVアニメーション化され、本作はその第2期となる。
 第1期に引き続き、TVアニメーションを制作するのは、「いぬかみっ!」や「魔法少女リリカルなのは」シリーズの監督などを務めてきた草川啓造監督をはじめ、「魔法少女リリカルなのは」シリーズや「セキレイ」などで草川監督とタッグを組んできたセブン・アークス。また、シリーズ構成は「極上!!めちゃモテ委員長」「地獄少女 三鼎」の赤尾べこが本作から担当となる。

アスラクライン2

あらすじ
 機巧魔神(アスラ・マキーナ)と呼ばれる人型兵器の「黒鐡(クロガネ)」を操る高校生・夏目智春は、機巧魔神の絶大な力を使って危機的状況下から洛芦和高校の生徒たちの命を救うことに成功した。
 しかし機巧魔神は、副葬処女(ベリアル・ドール)と呼ばれている少女たちの魂をすり減らすことで魔力を発揮していた。そのため、魂を削られた少女たちは感情をなくしていき、全ての感情をなくした時、消滅してしまうのだった。何も知らずに黒鐡を操ってきた智春だったが、同じ副葬処女である志津間哀音の消失によって、ついにその事実を知ってしまう。
 黒鐡の副葬処女は、智春の幼なじみ・水無神操緒……。飛行機が墜落事故以来、幽霊となって智春にとり憑いていた操緒だったのだ。
 ある日、智春の勘違いからまたしても大騒動を起こした科學部は、罰としてプール掃除をさせられている。ところが、突然現れた怪しげなコアラを追いかけるうち、智春たちは複雑に入り組んだ謎のトンネルに足を踏み入れてしまう。まるでコアラに導かれるように奥へと進む智春たちが目にしたものは、ラクロアの遺跡だった……!  見え始めた世界の真実。智春に迫られる「選択」の行方は……。

スタッフ
原作:三雲岳斗(アスキー・メディアワークス・電撃文庫)
監督:草川啓造
キャラクター原案:和狸ナオ
企画:森山敦、鈴木一智
シリーズ構成:赤尾でこ
脚本:高橋ナツコ、鴻野貴光
キャラクターデザイン:小森篤
メカデザイン:福島秀機
メカ総作監:小田裕康
美術監督:海津利子(スタジオちゅーりっぷ)
美術設定:青木薫(スタジオ美峰)
色彩設計:篠原愛子(スタジオ・イースター)
撮影監督:北岡正
CGプロデューサー:松浦裕暁(サンジゲン)
CGディレクター:カトウヤスヒロ(サンジゲン)
編集:布施由美子、野尻由紀子(ウインズ)
音響監督:明田川仁(マジックカプセル)
調整:安齋歩
音響効果:村上大輔(サウンドリング)
音響制作:グロービジョン
音楽:田尻光隆
音楽制作:スターチャイルドレコード
アニメーション制作:セブン・アークス
プロデューサー:中西豪、上村修、湯澤啓幸
製作:洛高生徒会

オープニングテーマ angela「オルタナティヴ」
エンディングテーマ angela「彼方のdelight」

キャスト
夏目智春:入野自由
水無神操緒:戸松遥
嵩月奏:野中藍
黒崎朱浬:田中理恵
佐伯玲士郎:森久保祥太郎
志津間哀音:佐藤聡美
アニア・フォルチュナ:矢作紗友里
樋口琢磨:下野紘
大原杏:豊崎愛生
佐伯玲子:こやまきみこ
潮泉老人:石住昭彦
潮泉律都:日笠陽子
橘高冬琉:甲斐田裕子
真日和秀:間島淳司
倉澤六夏:喜多村英梨
加賀篝隆也:中井和哉
クルスティナ・フォルチュナ:大原さやか
雪原瑤:石塚さより
千代原はる奈:高木礼子
里見恭武:藤田圭宣
炫塔貴也:川田紳司
鳳鳥氷羽子:高梁碧
ほか

テレビ放送情報
チバテレビ 10月4日から毎週日曜日23:30~
テレビ神奈川 10月3日から毎週土曜日24:30~
テレビ埼玉 10月4日から毎週日曜日25:00~
サンテレビ 10月5日から毎週月曜日24:00~
テレビ愛知 10月6日から毎週火曜日25:28~
TOKYO MX 10月5日から毎週月曜日25:30~
KBS京都 10月7日から毎週水曜日25:00~
BS11 10月9日から毎週金曜日24:30~
(※放送日時は放送局の都合により変更になる場合があります)
公式サイトURL http://www.starchild.co.jp/special/asura/

→次ページへ続く

この特集の記事

東京ゲームショウ2017大特集!

  • 東京ゲームショウ2017レポート

  • 週刊アスキーTGS特別版を公開中!

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jp RSS2.0 配信中