このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

週刊 PC&周辺機器レビュー ― 第24回

マルチタッチに対応した新タブレット「Bamboo Fun」

2009年09月24日 15時00分更新

文● 飯塚めり、小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)ワコムは24日、個人・家庭向けのペンタブレット「Bamboo」(バンブー)の新製品4シリーズを発表した。ペンだけでなく、指でのマルチタッチ操作に対応するなど、様々な新機能を盛り込んでいる。価格は全機種オープンプライス。発売日は10月3日の予定。

 今回は新製品のひとつ「Bamboo Fun」をいち早く試用する機会を得たので、その特徴を解説するとともに、既存のBambooユーザーから見た新製品の使い心地についてのレポートをお届けしたい。


Intuos4と同様のユニバーサルデザイン

「Bamboo Fun」のミディアムサイズモデル 「Bamboo Fun」のミディアムサイズモデル。色はホワイト

 まずは外観から特徴を見ていこう。新Bambooのデザイン面での特徴は、2009年4月に発売されたプロユース向けペンタブレット「Intuos4」と同様に、左右どちらの手でも使いやすいユニバーサルデザインを採用した点にある。

 従来機種のBambooはタッチホイールの周囲に4つのボタン(ファンクションキー)を配置したデザインだったが、新Bambooでは読み取り面の横に4つのファンクションキーを配置し、ホイールは廃止された。本体はキーが左右どちらの向きに置いても使える。ちなみにUSBケーブルは本体直付けで、Intuos4のような向きによって取り付ける位置を変えるといった凝ったギミックはない。当然ながら、ファンクションキー上の有機ELディスプレーといった機能もない。

2007年5月に発表された従来機種の「Bamboo」 2007年5月に発表された従来機種の「Bamboo」

 試用機は「ホワイト」のカラーリングの製品で、明るい白とオレンジの配色がポップでかわいらしい印象を与える。Bamboo Funにはほかに、銀色を基調とした「シルバー」も用意される。

本体を正面から 本体を正面から。右の赤いリボン状の部分はペンホルダーになる

 ファンクションキーは写真左側のオレンジ色の部分にあり、4キーが並んでいる。各ボタンにはマウスボタンやアプリケーション呼び出しなど、さまざまな機能を付属の設定ツールから割り当てられる(後述)。ファンクションキー列の中央には、横に長いLEDランプが配置されている。このランプは動作状況に応じて色が変わり、何も触れていない状態では白、ペン先が触れている状態ではオレンジ、指が触れている状態では明るい白に光る。

ペンが上がった状態では白 ペンが触れた状態ではオレンジ
左のLEDは、ペンが上がった状態(左)では白、ペンが触れた状態ではオレンジに点灯する

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART