このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ここが変わった! 早わかりWindows 7 ― 第3回

Windows 7の仮想フォルダー ライブラリを使いこなす

2009年09月16日 16時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
エクスプローラーを開くと表示される「ライブラリ」
エクスプローラーを開くと表示される「ライブラリ」

 Windows 7のエクスプローラーでは、「ドキュメント」や「ピクチャ」「ビデオ」「ミュージック」フォルダーの扱いが大きく変わった。名前は同じでも、Windows Vistaのユーザーフォルダーやパブリックフォルダーとはまったく別物。これらのフォルダーは「ライブラリ」にまとめられている。今回はライブラリの仕組みと、活用法をチェックしてみよう。


エクスプローラーはライブラリからはじまる

 Windows 7でエクスプローラーを開くと、ドライブなどが並ぶ「コンピューター」ではなく、ライブラリが表示される。ドキュメントやピクチャ、ビデオ、ミュージックのアイコンが並んでいるが、これらはフォルダーではない。

 これらの中では、各ライブラリにひも付けられたフォルダーの内容をまとめて表示できるのだ。Vistaでは、検索した時に条件に合致したファイルだけをまとめて扱う「検索フォルダー」が導入された。ライブラリはこの進化版と考えればいい。

 ライブラリを開くと、例えばドキュメントの場合、フォルダツリーには「マイドキュメント」と「パブリックのドキュメント」が表示される。ただし、右側のメイン画面には、これらのフォルダーは表示されず、フォルダーの中身が直接表示される。Windows XPからVistaになった時に失われた「マイ~」フォルダーが復活したとも言える。

ピクチャを開くと、「マイピクチャ」と「パブリックのピクチャ」フォルダーの内容が表示される ピクチャを開くと、「マイピクチャ」と「パブリックのピクチャ」フォルダーの内容が表示される
フォルダツリーから各フォルダーをクリックすれば、それぞれの内容を確認できる フォルダツリーから各フォルダーをクリックすれば、それぞれの内容を確認できる

ライブラリにフォルダーを追加する

 各ライブラリには任意のフォルダーを追加できる。ドキュメントに、プレゼン資料作成用の画像素材フォルダーを追加したり、ピクチャに同じイベントで撮影した動画を保存しているフォルダーを追加しておけば、同じライブラリからアクセスできて手間が省ける。保存用に接続している外付けHDDのフォルダーを追加し、まとめて管理することも可能だ。

対象フォルダーの横の「○か所」をクリックする 対象フォルダーの横の「○か所」をクリックする
「追加」をクリックする 任意のフォルダーを追加できる
「追加」をクリックする任意のフォルダーを追加できる

 ただし、ライブラリに追加できるのは、インデックスが作成されているフォルダーに限られる。LAN接続のHDDやネットワークフォルダーなどは追加できないのが残念だ。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART