このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ここが変わった! 早わかりWindows 7 ― 第2回

劇的に使いやすくなった「タスクバー」

2009年09月09日 16時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
起動直後のタスクバー
起動直後のタスクバー。Internet Explorerのアイコンをクリックしてみる

 Windows 7のタスクバーは、Windows Vistaのそれと比べて、10ドット太くなっている。その分アイコンが大きくなり、見た目が変わっている。しかし、見た目以上に機能が大幅に強化され、格段に使いやすくなっている。


ランチャー代わりにもなるタスクバー

 Windows 7のタスクバーでは、Vistaまでの「クイック起動」ツールバーがなくなった。これは、タスクバーが標準でランチャー機能も備えるようになったためだ。Windows 7を起動すると、初期設定ではタスクバーにInternet Explorerとエクスプローラー、Windows Media Playerの3つが表示されている。これらは、タスクバーに配置されているショートカットアイコン(ボタン)で、クイック起動のように使える。

 これらのボタンをクリックすると、アプリケーションが起動し、ショートカットアイコンはそのまま動作中のアプリケーションを示すボタンになる。一方、スタートメニューや他のショートカットからアプリケーションを起動すると、タスクバーにボタンが現れる。タスクバーにショートカットアイコンが表示されているアプリケーションと区別は付かないが、タスクバー以外の場所から開いたアプリケーションは、終了するとタスクバー上のボタンも消える。

アイコンはそのままタスクボタンとして使われる Internet Explorerのアイコンをクリックするとブラウザーが開くが、アイコンはそのままタスクボタンとして使われる

 任意のアプリケーションをタスクバーに配置することもできる。従来のWindowsでは、アプリケーションやショートカットの右クリックメニューに「クイック起動に追加」という項目があったが、Windows 7では「タスクバーに表示する」に変わっているのだ。頻繁に利用するアプリケーションを追加しておくといいだろう。

Vistaでショートカットを右クリックしたところ 同じ操作で、Windows 7ではタスクバーに表示できるように変更された
Vistaでショートカットを右クリックしたところ(赤枠内)同じ操作で、Windows 7ではタスクバーに表示できるように変更された

タスクバーに任意のアプリケーションを登録する

 ショートカットアイコンを直接タスクバーにドラッグ&ドロップしても、タスクバー上に登録できる。さらに、タスクボタンをタスクバー内でドラッグ&ドロップすれば、自由に順番を入れ替えられるのも便利だ。登録したアプリケーションを削除するなら、タスクボタンを右クリックし、「タスクバーにこのプログラムを表示しない」をクリックすればいい。

アプリケーションをドラッグ&ドロップすると、タスクバーに登録できる アプリケーションをドラッグ&ドロップすると、タスクバーに登録できる

 Vistaと操作や動作が異なる点もある。例えばクイック起動のように、タスクバーに登録されているアイコンを、デスクトップやスタートメニューにドラッグ&ドロップできなくなっている。ドラッグしようとすると、「ジャンプリスト」(後述)が表示されてしまうからだ。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART