このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ガラパゴスケータイの機能徹底絞り出し ― 第6回

スポーツやダイエットをケータイがサポート!

2009年08月31日 16時00分更新

文● 小林 誠/ゴーズ、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
F-08A
ドコモ「F-08A」

メタボな貴方の健康管理まで
ケータイがやってくれる!

 メタボなお腹をなんとかしたい、健康を維持したい、また単純にブームだからと、ランニングやウォーキングをしている人は多いと思う。そんなときに役立つのがやっぱりケータイなのだ。単純に歩数計を搭載しているだけではなく、最近のケータイにはさらにさまざまなサポート機能が搭載されている。

 今回サンプルとして使ったのはNTTドコモ「F-08A」、au「Sportio water beat」。どちらも防水仕様なので汗や突然の雨でも安心。しかもおサイフケータイなので、これ一台あれば運動の途中でコンビニに立ち寄ってドリンクを買うといったことも可能だ。

ケータイを持つだけで
歩数がわかり、カロリーを計算する

 歩数計を搭載していても、その機能をいちいち呼び出して確認するのでは面倒だ。F-08Aの場合、待受画面に歩数や消費カロリーを表示し、いつでも確認することができる。

 さらにプリインストールしている待受画面を「スポーツジム」にすると、歩数と消費カロリーがわかりやすいだけでなく、待受画面のキャラクターが励ましたりしてくれるので、見た目もおもしろい。翌日になれば歩数はリセットされるが、毎日万歩計をつけて計測しているなんて人でも、もうケータイを持つだけでいいのだ。

待受画面を切り替え歩数や消費カロリーが常に表示される
待受画面の「スポーツジム」は常に歩数と消費カロリーが表示されるなど、スポーツをテーマとしたもの

歩いているだけでさらに詳細な計測をまとめる

 歩数計、消費カロリーだけでなく、さらに詳細な情報を確認できるのが「ウォーキング/EXカウンター」だ。「MENU」→「LifeKit」→「ウォーキング/EXカウンター」とメニューを選ぶ。今まで待受画面で表示されていた歩数や消費カロリーの過去の履歴を確認したり、歩行距離がわかる。

 また、ウォーキング/EXカウンター設定があるので、ここで身長、体重を入力することで、さらに消費カロリーの計算が正確になる。

自分のデータを入れる歩数などが正しくカウントされる
身長・体重などのデータをあらかじめ設定しておくことで、消費カロリーなどのデータがより正しく表示される

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン