このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

週刊 PC&周辺機器レビュー第20回

実用性がさらに向上 新「HP Mini」をチェック

2009年08月28日 12時00分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本ヒューレット・パッカード(株)のネットブック「HP Mini」シリーズには、コンシューマー向けと企業ユーザー向けで、それぞれ異なった製品がラインナップされている。企業ユーザー向けのHP Miniシリーズは、ネットブックとしてはやや価格が高め(7万円弱から)だが、アルミ合金の洗練されたデザインのボディーやHDDの耐衝撃保護機能など、他社製品にはあまりない特徴を備えていた。

HP Mini 5101 HP Mini 5101

 27日に発表された新しい「HP Mini 5101」は、従来の丸みを帯びたデザインを一新。15.6型の「HP ProBook 4510s」にも似た、フラットで直線的なデザインのノートになった。新しいMini 5101を早速チェックしてみよう。


ヘアライン加工のアルマイト天板が美しい

 企業ユーザーを対象としたノートでは、見た目の美しさは二の次という製品が当たり前のようだが、Mini 5101は上質なデザインがまず目を引く。

金属的な質感が美しい天板 金属的な質感が美しい天板。手にした時のひんやりした感触も心地いい

 アルマイト処理された黒い天板にはヘアライン加工が施され、光を反射して独特の光沢を放ち、ソリッドな質感を印象づける。手に持った瞬間の冷たい金属の質感が心地いい。指紋や手の脂が目立ちやすいのは、少々気になる。ボディー側の素材はマグネシウム合金で、軽さと強度を確保。ボディー側面は内側に軽く湾曲した、薄く見えやすいデザインをしている。裏面もゴム足以外は余計な凹凸がなく、すっきりとしている。

 スクエアな外見に合わせたか、キーボードもフラットかつスクエアなアイソレーションタイプのキーボードを採用する。キーボードの周囲がパームレストよりやや低い位置にあり、キートップ平面とパームレストが同一平面にあるデザインは、前述のProBook 4510sと同様だ。全体的に、ProBook 4510sをネットブックサイズに縮小したようなデザインと言える。

キーボードは流行のアイソレーションタイプ キーボードは流行のアイソレーションタイプ。ぐらつきもなく打鍵感も悪くないが、尖ったキーのエッジが指に当たって、少し気になった

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事