このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

コンパクトなスタイルが特徴のサムスン電子製端末

ペンでイジって色々遊べるフルタッチケータイ「931SC」

2009年08月28日 16時00分更新

文● 中山智

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
OMNIA POP 931SC
OMNIA POP 931SC

OMNIAの愛称を持った日本のケータイ界への刺客

 ソフトバンクの「OMNIA POP 931SC」は、タッチパネル液晶を搭載した「OMNIAシリーズ」の第2弾にあたる製品だ。

 実は世界的には、OMNIAシリーズは高機能なスマートフォン的存在としてモデル展開されている。しかし、日本では前モデルの「930SC」同様、独自のOSを搭載。日本的な“ケータイ”として問題なく使用できる。

 また“OMNIA POP”の愛称からもわかるように、明るめのカラーバリエーションで女性向けのコンセプトを持つほか、フルタッチインターフェイスを楽しさや遊びの方向に振っている。なお、タッチパネルは感圧式を採用しているので、指やタッチペンだけでなく爪にも反応して操作できる。

カラバリ
カラーバリエーションはアーバンホワイト、ポップピンク、オーシャンブルーの3色が用意されている
タッチパネル タッチパネルはiPhoneなどの静電容量方式と違い、感圧方式なので爪でも操作可能。女性には使いやすいだろう。付属のタッチペンは細かな操作に便利

前モデルから比較するとサイズダウンも
逆に使いやすさは向上

 前モデルの930SCと比べて大きく変化したのが本体サイズである。横幅が50.9ミリで、930SCからは7.2ミリものサイズダウンとなった。縦横は一般的なクラムシェル型のハイエンドモデルとほぼ同じ大きさで、厚みは13.1ミリだ。

 サイズダウンした関係で、搭載しているディスプレーも約3インチ(800×400ドット)と小さくなっている。とはいえあまり不便さは感じない。逆に手のひらに載せて操作するときに、親指がディスプレー上のどこでもラクラクと届くので操作しやすい。

 また、アイコンがサイズアップしているので、タッチペンを使わずに親指だけの操作でもタッチミスが少ない。操作性が向上していると感じさせるポイントだ。

コンパクトボディ 手のひらにしっくりとくるサイズ。親指が無理なく届く範囲に収まって操作しやすい。また、アイコンやボタンも大きめにデザインされている

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART