このページの本文へ

親子で楽しんだ! Apple Storeの夏キャンプが開催

2009年08月15日 14時30分更新

文● 広田稔/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Apple Store Ginza
Apple Store Ginza

 アップルの直営店「Apple Store」では、アーティストによるミニライブクリエイターの講演など、年中、何かしらのイベントが実施されている。

 中でも熱烈なファンが多いのは、ゴールデンウィークや夏休み、冬休みなどに開かれている無料のジュニアワークショップだ。10人程度で受講する少人数制のワークショップで、Apple Store Ginzaなどでは毎回、すぐに予約でいっぱいになるほどの人気を集めている(関連記事)。

 この8月にも「Summer Camp 2009」が開かれた。iMovieでビデオ制作を学ぶ「ムービーワークショップ」、GrageBandで曲を作る「ミュージックワークショップ」、写真を撮ってiPhotoで活用する「フォトワークショップ」、Keynoteでスライドを作って発表する「プレゼンテーションワークショップ」という4種類から選んで、Macやデジタル機器の楽しみ方を親子で体験できる。対象は8〜12歳までの子供で、所要時間は約2時間だ。

 12日に東京・銀座のApple Store Ginzaで開かれた「フォトワークショップ」を取材できたので、その様子をフォトレポートでお届けしよう。

フォトワークショップ
銀座店では5階のセミナールームが会場。フォトワークショップでは、撮影したiPhotoに取り込んでスライドショーなどを作る。
フォトワークショップ 今回はオリンパスのデジカメ「OLYMPUS Pen E-P1」が参加者に貸し出された
フォトワークショップ フォトワークショップ
カメラの基本的な使い方が分かったら、Apple Storeのスタッフに引き連れられて店内の撮影に
フォトワークショップ フォトワークショップ
1、2階の一部が吹き抜けになっている銀座店では、子供が2階の1階にいる親を撮るということもできる
フォトワークショップ フォトワークショップ
iPhotoに取り込んでチェック! どんな写真が撮れたかな?
フォトワークショップ フォトワークショップ
今回もTシャツなどが「お土産」としてもらえた!

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中