このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

PCメールや文字入力ならiPhoneより上?

「BlackBerry Bold」はココやアソコがヨカッタ!!

2009年08月14日 12時00分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
BlackBerry Bold
BlackBerry Bold

 ドコモの「BlackBerry Bold」(以下、Bold)は、現在国内で入手可能な唯一のBlackBerry端末だ。2008年秋に発表。今年2月に発売されたが、すぐに一時販売停止になった。やや紆余曲折があったが、今回じっくり試用できる機会があったので、詳しく紹介していこう。

 ハードウェア的にはストレートボディーにQWERTYキーボードを搭載する独自のスタイルが大きな特徴である。タッチパネルは非搭載だが、無線LANやGPSのほか、動画撮影対応カメラやオフィスファイル編集アプリを搭載し、多機能なスマートフォンとなっている。

 ここでは、iPhoneユーザーである筆者から見たBoldの魅力を、最新動向をまじえながらレポートしてみたい。

ストリートビューとトラックボールがキモチイイ

 Boldはスマートフォンとしてひととおりの機能を備える。標準機能だけでも十分実用的だが、特にGPS対応の「Google Maps」をインストールすると便利なナビツールになる。

Google Maps 「Google Maps」は「Googleモバイル」から無償でダウンロードできる

 GPSによる現在位置表示や目的地までの経路検索が可能なほか、特にストリートビューと、正面中央に配置されたトラックボールの組み合わせによる操作性がすばらしい。

Google Maps トラックボール
地図とストリートビューを同時に表示可能。画面サイズは2.7インチだが、窮屈に感じるほどではないトラックボールは単なる移動のほかにもクリック機能も持っている

 周囲を見渡すときはトラックボールを左右に回し、前進後退するときはトラックボールを上下に回すだけ。地図は「1」キーで縮小、「3」キーで拡大できるので片手で操作可能だ

ストリートビュー 「メニュー」→「拡大」でストリートビューを全画面表示にするとさらに見やすくなる

 Boldの画面サイズは、一般的なスマートフォンより小さい2.7インチ(480×320ドット)。しかし指1本で地図をスピーディーにスクロールできるので、画面の狭さは気にならない。

 実際にストリートビューを見ながら歩いてみると、一連の操作を指1本で行なえるBoldの方が、タッチ操作で両手を束縛されるiPhoneよりも操作しやすかった。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン