このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ついに登場! Windows 7日本語RTM版の最新画面を公開

2009年08月13日 16時00分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ついに公開されたWindows 7日本語版
ついに公開されたWindows 7日本語版(RTM)。インストール直後のデスクトップでは、壁紙が大きなWindowsロゴマークに変わっている

 12日に、マイクロソフト(株)は「Windows 7」日本語版のRTM版(製造工程向けリリース)を、TechNetおよびMSDNの会員向けに配布した。パソコンメーカー等に限られていたRTM版の提供が幅広く始まったことで、ようやく製品版相当のWindows 7を評価できる環境が整ったことになる。

 ASCII.jp編集部では早速Windows 7を試用してみた。過去に特集で掲載したRC版(製造候補版)と比べても、ほとんど変更点は見られないが、製品相当のWindows 7の画面をご紹介したい。なお、詳細なビジュアルツアーについては、こちらの記事も参照していただきたい。


タスクバー

Windows 7のタスクバー
Windows 7のタスクバー。透明感のあるフラットなバー上にアイコンが並ぶ。実行中アプリケーションのアイコンは縁取りが付いて、色も少し白っぽくなる。マウスカーソルを合わせると、「ウインドウプレビュー」が表示される

 Windows 7の見た目でもっとも変わった「タスクバー」。ショートカットと実行中アイコンの一体化、目的のウインドウを探しやすくなった「ウインドウプレビュー」といった特徴を備える。

IE8はタブごとに1枚のウインドウプレビューを表示 同じ種類のアプリケーションは、ひとつのアイコンにまとめられる。IE8はタブごとに1枚のウインドウプレビューを表示

 ウインドウプレビューは多数のウインドウが重なりあい、目的のウインドウを探しにくいときに役立つ。動作も心なしかβ版やRC版時点より機敏になった印象で、これならば「Alt」+「Tab」キーで目当てのウインドウを探すよりも、使いやすいのではないかと感じた。

エクスプローラーのジャンプリストの初期状態 タスクバーの新機能のひとつ「ジャンプリスト」。これはエクスプローラーのジャンプリストの初期状態。よく使うフォルダーやライブラリを登録しておけば、素早くアクセスできる

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART