このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

松村太郎の「ケータイが語る、ミクロな魅力」 ― 第84回

ケータイで撮影したHD動画はどれだけのもの?

2009年08月11日 12時00分更新

文● 松村太郎/慶應義塾大学SFC研究所 上席所員

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
今週の1枚
【今週の1枚】HD撮影が可能なケータイ、au「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」。5メガピクセルのカメラに3倍の光学ズームを組み合わせ動画撮影中のズームにも対応。端末を90度に開いてビデオカメラのような撮影スタイルを実現している。

 今週はケータイでのハイビジョン(HD)動画が撮影できる端末、auの「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」について触れたいと思う。ちょうどお盆休みという事もあり、花火を見に行ったり、諏訪大社をお参りするなかで、HD動画ケータイを使ってみた。

動画を撮影する道具はビデオカメラから
コンデジ、一眼レフ、ポケットカムと多様化が進む

 HD動画だけに限らず、動画を撮影するという機能を持っている機器は非常に多様になっている。

 個人的な私物として、ニコンのデジタル一眼レフカメラ「D90」を所有している。ニコンとしては初めて動画撮影に対応した一眼レフカメラだ。720p(1280×720ドット)/秒間24コマのHD動画が撮影できる。実は本連載でたびたび掲載している動画の多くは、このD90で撮影したものをYouTubeにアップロードしたものだ。これまでニコンの一眼レフを使ってきてレンズ資産が多少あるため、ズームレンズや広角、マクロレンズなどを活用した動画撮影を楽しんでいる。

 また、ソニーやパナソニックなどを中心に、コンパクトデジカメでもHD動画の撮影機能を売りにしている機種も多い。最近ではステレオマイクを搭載する機種も登場している。基本的な動画撮影はもはや専用のビデオカメラだけ仕事ではなくなり、より軽快に高精細な動画が撮影できる環境が整いつつある。

 さらにはアマダナ「SAL」やクリエイティブ「Vado HD」など、ただただワンタッチでビデオを録画する事が出来る「ポケットムービー」市場も盛り上がり始めた。

Vado HD クリエイティブ「Vado HD」。2万円弱で購入できる非常にコンパクトなムービーカムで、PCにソフトを常駐させておくことで、USB端子に接続するだけで自動的に動画共有サイトに映像をアップロードできる

 これらケータイよりも小さな端末は、録画ボタンを押すだけで映像が記録でき、USBでPCと繋げば直接YouTubeやmixi、アメーバビジョンなどの動画共有サービスに投稿できる。撮影から共有までを本当に簡単できる、動画の新しい環境が整ってきているのだ。

Mobile Hi-Vision CAM Woooで玉川上水を撮った

 なお、Mobile Hi-Vision CAM Woooで撮影したムービーはそのままYouTubeにアップロードすると、4:3のサイズになってしまうため、QuickTimeでMOV形式に変換した上で掲載している。

上記の事象が発生したのは、テストした端末が試作機であったためと判明しました。実際に販売されている製品では変換の必要はありません。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART