このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

山谷剛史の「中国IT小話」 ― 第50回

早くもWindows 7の海賊版登場、そしてその反応は?

2009年07月28日 12時00分更新

文● 山谷剛史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
今回入手した海賊版Windowsのパッケージ。売られる海賊版Windowsは日々変化するようだ
今回入手した海賊版Windowsのパッケージ。売られる海賊版Windowsは日々変化するようだ

 「Windows 7」のRC版が出てだいぶ経過し、いよいよRTM版のリリースが控えているが、中国ではWindows 7の海賊版はどうなっているのだろうか。

 まず調べてみたのが、最近人気急上昇の中国のオンラインショッピングサイト。特に「ヤフーオークション」のような個人対個人取引(C2C)が人気で、その中でも人気ナンバー1はアリババ配下の「淘宝網(TAOBAO)」。それを追うのが検索の雄「百度(Baidu)」による「有阿(正確には口へんに阿)」と、チャットの雄「騰訊(tencent)」による「拍拍網(paipai)」である。

「淘宝網」ではWindows 7が245件 「拍拍網」では36件 「有阿」では6件
「淘宝網」ではWindows 7が245件「拍拍網」では36件「有阿」では6件

 「淘宝網(TAOBAO)」「有阿」「拍拍網」の3サイトで「Windows7」をキーワードに検索してみると、淘宝網では245件、拍拍網は36件、有阿では6件のページが見つかった。さすが人気の淘宝網といったところか(?)。

パッケージ 起動画面
「Ghost Windows7 Ultimate Edition」。左がパッケージで右が起動画面

 売られているWindows 7の実態は、「Ultimate Edition」を強調する「RC版」をはじめとして、まだ出ていないはずの「RTM版」や、最新のアップデートを施したシステムドライブをバックアップした「ghost版」など、様々なバージョンが売られている。いずれにしろ、値段は5元から10元(100円前後)と中国人所得でも気軽に買える値段となっている。

淘宝網で売られるWindows 7 淘宝網で売られるWindows 7では中国の人気ソフトが利用できることをアピール
淘宝網で売られるWindows 7淘宝網で売られるWindows 7では中国の人気ソフトが利用できることをアピール

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

STAR WARS バトルフロント II実況

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART