このページの本文へ

DESIGN Web制作の現場で使えるjQuery UIデザイン入門 ― 第2回

jQueryのダウンロードとインストールのチュートリアル

2009年07月22日 14時54分更新

西畑一馬/to-R

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

※この記事は「Web制作の現場で使えるjQuery UIデザイン入門」の第2回です。これまでの記事(連載インデックス)も合わせてご覧ください。


 jQueryは、MITとGPL licensesのデュアルライセンスで公開されているので、ライブラリー中の著作権表示さえ消さなければ、商用・非商用を問わず誰でも自由に利用できます。今回はjQueryを利用するための準備として、ライブラリーのダウンロードと設置方法を紹介しましょう。


jQueryをダウンロードする

 jQueryをWebサイトに導入する方法はいくつかありますが、最もポピュラーなのは、公式サイトからライブラリー本体(JSファイル)をダウンロードし、サーバーにアップロードして利用する方法です。

 jQueryをダウンロードするには、公式サイトのトップページにある「Download(jQuery);」ボタンからGoogle Codeに移動し、「jquery-1.3.2.min.js」をクリックします(2009年7月現在の最新バージョンは1.3.2)。

jQuery入門
jQueryの公式サイト

 ダウンロードしたJSファイルをテキストエディターで開いてみると、著作権表示の後にJavaScriptの命令が記述されています。


/*
* jQuery JavaScript Library v1.3.2
* http://jquery.com/
*
* Copyright (c) 2009 John Resig
* Dual licensed under the MIT and GPL licenses.
* http://docs.jquery.com/License
*
* Date: 2009-02-19 17:34:21 -0500 (Thu, 19 Feb 2009)
* Revision: 6246
*/
(function(){var l=this,g,y=l.jQuery,p=l.$,o=l.jQuery=l.$=function(E,F){return new o.fn.init(E,F)},D=/^[^<]*(<(.|\s)+>)[^>]*$|^#([\w-]+)$/,f=/^.[^:#\[\.,]*$/;o.fn=o.prototype={init:function(E,H){E=...(以下省略)


 jQueryのソースコードは、変数名を短くし、コメントや空白、改行を削除する「Minified」と呼ばれる方法で圧縮されています。ファイルサイズを大幅に減らす(圧縮前117 KB→圧縮後55.9 KB)ことで読み込み速度の向上を図っているのですが、JavaScriptを熟知した人でもjQueryのソースコードを読むのは困難です。普段jQueryを利用する際はMinified版でかまいませんが、jQueryのソースコードにはJavaScriptのすばらしいTipsがたくさん詰まっているので、興味がある方は非圧縮版を入手してぜひ一度目を通してみてください。非圧縮版のjQueryは「Download(jQuery);」の上にある「Development (120KB, Uncompressed Code)」にチェックを入れることでダウンロードできます。

jQuery

「まとめて読みたい!」との読者のみなさまの声にお応えし、この連載が本になりました。書籍版はさらに読みやすく加筆修正のうえ、書き下ろしのコラムや記事公開後のアップデート情報も盛り込んでいます。

Web制作の現場で使う
jQueryデザイン入門

本体 3,330円+税、B5変形判344ページ(オール4色刷)
ISBN978-4-04-868411-8

Amazon.co.jpで買う 楽天ブックスで買う

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング